メンズのスキンケア・美容ブログ

1980年代生まれ。162cm 49kg 紙媒体制作会社の主に内勤営業。 美容や健康について日々勉強しています。 詳しいプロフィールはaboutページをご覧ください。

マカダミアナッツオイルでのスキンケアが使い心地抜群で今後に期待

f:id:mochi-mochi-kun:20170926113709j:plain

私は今年の3月頃からオイル美容を始めて半年以上継続しています。

主な用途としてはオイルでの洗顔(クレンジング)と基礎化粧品としてのスキンケア用です。

「えっオイルで洗えるの?」、「ベタつかない?」と思う方もいるかもしれませんが、この方法は肌にやさしい理想的なスキンケアなのです。

オイルでの洗顔方法は顔にオイルを塗り、1分程なじませてクレンジングの感覚で洗い流します。オイルの油分が皮脂と汚れをしっかり浮かせることができるので、ニキビもほとんどできていません(メイクをしている場合はクレンジング料が必要になります)。

基礎化粧品としては乳液・クリームの代わりにスキンケアの最後にオイルをつけるのがおすすめです。ピュアオイルであれば界面活性剤や保存料、防腐剤などの添加物も一切入っていません。刺激がなくとても肌にやさしいスキンケア方法となります。

もちろんオイルがしっかり肌を保湿して乾燥から守る乳液やクリームの役割を果たしてくれます。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

www.mochi-mochi-kun.com

 

www.mochi-mochi-kun.com

 

今までいくつかのオイルを使ってきた中で、現在継続中なのが洗顔用が無印のオリーブオイル。スキンケア用が無印のホホバオイルです。

 

食用としておなじみのオリーブオイルはスキンケア用としても利用されています。

無印のスキンケアオイルで最も価格が安くコスパに優れます。洗顔用で使用すると一度に3プッシュくらい使うので結構減りが早かったりします。価格が安く手に入りやすいオリーブオイルはありがたいアイテムなのです。

オリーブオイルはどちらかというとベタつく傾向にありますが、無印のは比較的サラっとした使い心地の印象。ボディにはもちろん顔にも使えます。

 

アメリカ南部からメキシコ北部に分布しているホホバの実から採れるオイルです。

肌になじみが良いと言われるホホバオイルの主成分であるワックスエステルはヒトの角質層にも20~30%含まれている成分です。スキンケアオイルとしては最も認知されているかもしれませんね。

ホホバオイル自体の抗酸化力が高いので長期間保存できるのもメリットです。

値段的には無印で取り扱っているオイルの中ではアルガン>ホホバ>スウィートアーモンド>オリーブの順となっています。

といっても原材料の希少性の問題で必ずしも「高いから良い」というわけではありません。自分の肌に合ったオイル選びが大切です。 

 

マカダミアナッツオイルとは

それでは本題に入ります。マカダミアナッツオイルとはヤマモガシ科マカダミア属の種子から採れるオイルです。あのハワイ土産の定番「マカダミアナッツチョコ」のマカダミアナッツです。オーストラリアとハワイが世界の生産量のほとんどを占めています。

マカダミアナッツにはパルミトレイン酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。アーモンドなど他のナッツ類同様にビタミンやミネラルをバランスよく含んでいて栄養価が高く、悪玉コレステロールの減少にも効果のある食品です。

マカダミアナッツに含まれるパルミトレイン酸はヒトの皮脂の中にも含まれている成分で年齢と共に減少していきます。マカダミアナッツオイルを使用することで不足したパルミトレイン酸を補給することができます。

肌への浸透性が高く「バニシングオイル=消えてなくなるオイル」と呼ばれるのも特徴です。浸透が良く保湿力のあるマカダミアナッツオイルは、特に乾燥した肌の改善やエイジングケアにもおすすめされています。

 

 

 マンディムーン マカダミアナッツオイル 

容量:200ml

価格:税込2,332円

今回購入したのがこちら。以前から気になっていたマンディムーンさんの商品です。洗顔・スキンケアに兼用できる200mlの容量でお値段もお手頃だったのと、口コミ平均4.64点という評価の高さが決め手ですね。

尚、この商品は精製オイルとなります。精製オイルは不純物や匂いを取り除いたものになりますので未精製に比べると品質が安定します。

オイルそのものの栄養価が高いのは未精製ですが、アレルゲンとなる成分も残るので、敏感肌の方は注意が必要です。初めて使う方や子お子様には精製オイルの方がおすすめとマンディムーンさんも記載しています。

 

 

マカダミアナッツオイルを使ってみる

f:id:mochi-mochi-kun:20170926112816j:plain

f:id:mochi-mochi-kun:20170926112811j:plain

シンプルで上品なパッケージですね。容器の色が暗いのは遮光性を考えてのことだと思います。全成分はマカダミア種子のみ100%ピュアオイルです。

精製オイルなので手の平に出してみると完全に透明でした。

 

f:id:mochi-mochi-kun:20170926112807j:plain

元からドロッパーが付いていないので、同時購入した別売のキャップを取り付けました。キャップは64円なので、持っていなければ買っておいた方が良いと思います。

 

洗顔に

いつも通りオイルをなじませて一分間程度置いてから洗い流します。オリーブオイルに比べてサラっとしたテクスチャで、とても落としやすかったです。市販のオイルクレンジングを落とすような感覚といえば分かりやすいかもしれません。

マカダミアナッツオイル肌に残っても問題ないので軽く洗い流しました。洗顔後、すぐに化粧水での水分補給が必要ないくらいに肌がしっとりした状態になります。

 

スキンケアに

化粧水→美容液→マカダミアナッツオイルの順で使用します。実際に顔に塗ってみるとよく分かるのですが本当に浸透性が良いです。すーっと入っていく感じで、さすがバニシングオイルと呼ばれるだけありますね。

普通はオイルをつけすぎると、いつまで経っても顔がベタベタしてテカってる状態になってしまうのですが、マカダミアナッツオイルは多少余分に塗ってもそのうちベタベタ感がなくなっていくのが分かります。

今まで使っていたホホバオイルは肌表面での保湿力は優れているものの、浸透性はほとんどなかったので、かなり違いを実感できました。

 

 

現在使用して5日程度ですが、前回記事で「最近荒れている」と書いた肌の乾燥が軽減され、さわってみるとやわらかくなっているように感じます。

これは久しぶりに継続するのが楽しみな商品と出会えたと思います。

割と最近、ビタミンC美容液が合わなくて失敗しましたが、マカダミアナッツオイルの成分は強くもないし刺激もないので大丈夫……なはず。

未精製だとナッツの香ばしい香りがするらしいので、そっちも試してみたいですね。

 

マカダミアナッツの魅力は浸透性の良さと、ベタつきにくい使い心地です。そして乾燥から守る高い保湿力も備えていることです。

値段もアルガンオイルほど高くないのでオイルでのスキンケアを始めてみたい方にも是非おすすめです。

マカダミアナッツオイルは無印では取り扱っておらず、コスメショップやドラッグストアの店頭で見かけることもないので、購入はネットショッピングを推奨します。

 

【定形外郵便OK】マカダミアナッツオイル・精製/200ml【100%/天然/植物性/年齢肌/乾燥肌/保湿/吸収が早い/手作りコスメ/手作り化粧品/手作り石鹸/石けん/原料/材料/素材/フェイス/ボディ/スキンケア】

スポンサーリンク