メンズのスキンケア・美容研究ブログ

1980年代生まれ。162cm 49kg 紙媒体制作会社の主に内勤営業。 美容や健康について日々勉強しています。 詳しいプロフィールはaboutページをご覧ください。

セラミド配合の保湿系ボディーソープ『ケアセラ』

過去にこんな記事を書きましたが、私は体ニキビで悩んだ時期もあってボディーソープは肌に刺激が少なくやさしそうなものを選んで買っています。

 

www.mochi-mochi-kun.com

 

今まで洗浄力が高いものや、殺菌成分を含んだものを使ったこともありましたが、体を洗うことの大前提である皮脂や汚れを落とせる洗浄力がありつつ、保湿成分も含まれているボディーソープが私には一番相性が良いようです。

 

紆余曲折を経て最近リピートを続けているのはこちらのニベアシリーズのボディーソープです。

 

人気のニベアクリームにも含まれるラノリンアルコールとグリセリンが保湿成分として配合されています。冬の乾燥する時期は足の臑のあたりがかさかさになりやすく入浴後しっかりクリームを塗ってケアしないといけないのですが、ニベアのボディーソープで洗って、過去記事でも紹介した密封生化粧水をつけるだけでも乾燥はしませんでした。

もちろん以前のように胸や背中にニキビができることもなく、コンディションは良好です。

ちなみにラノリンアルコールとはあまり馴染みが無い成分だと思われますが、羊毛を加工する際の副産物であるウールグリスという脂を精製したものです。。

ラノリンアルコールは馬脂のようにヒトの皮脂に近いので肌馴染みが良く、保水性も高い動物性油脂なのです。

 

密封生化粧水の記事はこちら 

www.mochi-mochi-kun.com

 

それでは本題です。今使っているニベアのボディーソープは非常にコスパが優れているので特に不満はありませんが、お店で気になる商品を見つけると試してみたくなるものです。

今回新しく購入して使ってみたボディーソープを紹介したいと思います。

 

ロート製薬 ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ

f:id:mochi-mochi-kun:20170622140657j:plain

容量:450ml
価格:オープン価格

『ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ』は乾燥肌を改善するためのボディーソープで、セラミドを守りながら体を洗うことをコンセプトとした商品です。

セラミドはヒトの肌に元々存在する成分で、水分を保持し外部刺激から肌を守るバリア機能を持っています。角質細胞の隙間を埋めるセラミドが十分であれば乾燥しにくく健やかな肌を保てます。逆にセラミドが不足すると肌が乾燥や外部刺激にも弱くなり、トラブルを繰り返すようになってしまいます。

セラミドは加齢とともに減少し、それが歳を取って肌の潤いが無くなる要因にもなっています。また、普段体を洗うときにも強い洗浄料を使い、ナイロンのタオルでゴシゴシこするように洗ってしまうとセラミドが失われてしまいます。

 

ケアセラはそれ自体に7種の天然セラミド(セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド6II、セラミドEOS、カプロオイルフィトスフィンゴシン、カプロオイルスフィンゴシン)を含み、濃密な泡でやさしくセラミドを守りながら洗うボディーソープなのです。

 

<全成分>

f:id:mochi-mochi-kun:20170622174749p:plain

引用-ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ | ロート製薬: 商品情報サイト

 

セラミド以外にも保湿成分としてカミツレ花エキス、フキ葉/茎エキス、タンブリッサトリコフィラ葉エキスの植物エキスがうるおい成分として配合されています。

 

 

『ケアセラ』を使ってみる

f:id:mochi-mochi-kun:20170622085736j:plain

 

プッシュ式の容器でノズルから泡が出ます。なかなかもっちり感のある泡のようです。泡タイプのボディーソープをいくつか使用したことがありますが、これまでのものは泡がゆるく、あまり汚れを吸着してくれている感はなかったです。ケアセラの泡は比較的弾力性があり泡でしっかり洗えます。

使用法には3〜5プッシュと記載されていますが、全身を泡で包み込むように洗うなら最低5プッシュは必要ですね。それ以上使っているとすぐなくなってしまいそうですが、贅沢な気分にはなれます(笑)

通常のボディーソープよりもぬるぬる感は残りやすい感じですね。

 

洗い上がりはとても肌がしっとりしています。肌に必要な皮脂まで落とし過ぎず、セラミドを含む保湿成分でやさしく洗うコンセプト通りだと思います。

使い始めたのが最近なので乾燥する時期は過ぎていますが、かさかさになりやすい臑の部分の乾燥はありませんし、体ニキビも増えていません。良いコンディションといえます。

ボディタオルも使わずに泡だけで洗うのもあって、やはり洗浄力は低めです。私はしっかり汚れを落とすことも大事と考えていますので、今のところ夜は先ほど紹介したニベアのボディーソープを泡立ててタオルを使って洗って、朝はケアセラを使用するという併用の形を取っています。

体質にもよりますがケアセラだけ続けていると垢が残りやすくなってしまう……かもしれません。

 

●コスパ面

ケアセラ450mlの価格は楽天で大体800円台後半くらい、詰め替え用は600円台が相場のようです。ドラッグストアで購入できるようなボディーソープとしてはやや高めの価格帯でしょうか。

直接泡が出るタイプなので無くなるのも早いです。私の場合は朝だけ使用で1ヵ月くらいで無くなってしまいました。正直コスパはあまりよくありませんね。泡立てなくて良いので時間ないときに楽なのは魅力ですが。

 

肌を濃密な泡でやさしく洗えるボディーソープなので、高い保湿効果は実感できます。乾燥しやすい、かさつきが気になる方は試してみる価値ありだと思います。

スポンサーリンク