読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンズのスキンケア・美容研究ブログ

1980年代生まれ。162cm 49kg 紙媒体制作会社の主に内勤営業。 美容や健康について日々勉強しています。 詳しいプロフィールはaboutページをご覧ください。

チョコレートを食べるとニキビができるのは本当?

f:id:mochi-mochi-kun:20170412134406j:plain

最近お土産でチョコレート菓子を貰ったので自宅でくつろいでいるときや、ゲームをしながら食べたりしています。

チョコレートといえばなかなか高カロリーでダイエット時には気を付けないといけないお菓子なのですが、美容ブログ的にもうひとつ気になることがあります。

 

それは「チョコレートを食べるとニキビができやすい」という話をよく耳にすることです。

私も何故チョコレートがニキビの原因になるのかという詳しい理由はよく分かっていませんでしたので、この機会にチョコレートとニキビの関係性について調べてみました。

 

結論から言えばチョコレートを食べるとニキビができやすいというのは正しくもあり、嘘でもあるということです。

「どっちなんだよ?」と思った方は是非最後までお読みください。

 

ニキビの原因とできやすくなる食生活

まずは一般的なニキビの原因を簡単に説明します。皮脂や汚れが毛穴に詰まり、それを餌とするアクネ菌が繁殖して、脂質を食べて分解するときに出す過酸化脂質が肌を刺激し炎症を起こすからです。

思春期のニキビはホルモンバランスが乱れ、皮脂が過剰に分泌されることで毛穴が詰まりやすくなるとされています。

また、皮膚が一定の周期で生まれ変わるターンオーバーが乱れると古い角質が皮膚に残り、ニキビの原因になることもあります。

 

ニキビができやすい食生活というのは脂質・糖質の摂り過ぎによるものです。

脂質・糖質を多く摂取することによって皮脂腺での皮脂の分泌が活性化され、それが毛穴を塞ぎ、アクネ菌が繁殖しやすい環境を作り出します。

また、特に糖質を大量に摂取すると消化・分解するためにビタミンB群を多く消費してしまいます。そうなるとビタミンB群の働きの一つでもある肌の再生・ターンオーバーに使われる分が不足することになります。

実際、私もインスタントラーメンとケーキをよく食べていた時期に、顔ではないのですが、胸や背中などの体ニキビが増加するという経験をしました。

 

チョコレートとニキビの関係

チョコレートには多くの動物性脂肪と糖質が含まれています。どれくらいの量が含まれているかという例を出したかったので、自分の中では最もメジャーなイメージのある明治ミルクチョコレートの脂質・糖質を記載しようと思いました。

が、明治のホームページのどこを探しても成分に関する表記がありません。普通大手食品メーカーは成分表くらい載せてあるはずなのですが……

 

なので自分で買ってきました。

f:id:mochi-mochi-kun:20170412175756j:plain

1枚あたり

脂質:17.4g、糖質:25.9g(炭水化物として27.7g)

 

比較対象として

食パン1枚あたり

脂質:2~3g、糖質(炭水化物として):30g

ごはん1膳あたり

脂質:0.5g 糖質(炭水化物として):60g

豚ばら肉100gあたり

脂質:35g、糖質(炭水化物として):0.1g

 

チョコレートは脂の多い豚ばら肉並みの脂質と食パン並みの糖質ということになります。やはり摂取過多には注意したいですね。

 

脂質と糖質の多さがニキビの原因となるのはお分かりいただけましたでしょうか。

ではチョコレートのそれ以外の要素でニキビができやすくなるのかというと、そういったことはありません。

 

アメリカ食品医薬品局・FDAは、「ニキビと食事を関連づける科学的根拠はない」という見解を示しています。FDAとは、食品や医薬品、化粧品など消費者が接する機会の多い製品の安全性を厳格に審査している政府機関ですので、非常に信頼性の高い情報といえます。

また、日本チョコレート・ココア協会やペンシルバニア大学などもチョコレートを食べることと、ニキビの悪化は関係がないと発表しています。

一部引用ーチョコレートはニキビの原因になる!?|プロアクティブ【公式】

 

但し、チョコレートを含む菓子類全般には食品添加物が含まれているものが多くなっています。有害な食品添加物を摂取することで活性酸素が増加し、体に悪影響を及ぼしてしまいます。活性酸素は皮脂を酸化させるのでニキビの要因にもなります。

 

どんなチョコレートなら平気?

f:id:mochi-mochi-kun:20170412134403j:plain

ニキビが気になるのなら低糖質のチョコレートを選ぶようにしましょう。また「アスパルテーム」や「スクラロース」などの人工甘味料、乳化剤を極力使っていないものが望ましいです。

カカオ成分の割合が多いチョコレートはその分、砂糖や添加物の割合が少なくなっています。カカオにはポリフェノールや食物繊維が豊富に含まれているので、おやつなどに取り入れて適度に摂取することは健康的な食生活にもつながります。

カカオの割合が70%以上のチョコレートが高カカオチョコレートとしておすすめです。

 

 

 

明治 チョコレート効果カカオ72% 26枚入り×6個

明治 チョコレート効果カカオ72% 26枚入り×6個

 

 

森永製菓  カレ・ド・ショコラ<カカオ88>  18枚×6個
 

 

森永製菓 カレ・ド・ショコラ<カカオ70> 21枚×6箱
 

 

 

スポンサーリンク