読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンズのスキンケア・美容研究ブログ

1980年代生まれ。162cm 49kg 紙媒体制作会社の主に内勤営業。 美容や健康について日々勉強しています。 詳しいプロフィールはaboutページをご覧ください。

しわ・たるみ・ほうれい線。老化対策に表情筋トレーニング

スポンサーリンク

f:id:mochi-mochi-kun:20170126224908j:plain

鏡を見ていると「なんだか最近老けてきた……」と感じることはありませんか?

おでこや目尻のしわ、頬・あごのたるみ、ほうれい線などは顔が老けて見える代表的な要素ですが、これらの原因となるのが顔の筋肉「表情筋」の衰えです。

体を鍛えないと筋肉が落ちて贅肉がついてだらしない体になってしまうのと同じで、表情筋が衰えることで顔もハリを失い老けていきます。

 

ブログ開始当初の記事でも書きましたが、私は30歳前後から年齢による老化を感じるようになりました。洗顔や化粧品でのスキンケアは早い段階から意識してはいたものの、表情筋に関しては無頓着でした。

2015年秋頃から顔の左側だけほうれい線が目立っていたりまぶたが下がって眠そうな目になっているのが気になって対策方法を調べた結果、「表情筋を鍛える」ことに行き着きました。

 

表情筋トレーニングを始めてから一年が過ぎ、若い頃のような顔……とまではいかないものの、一番老けていた時期よりは明らかに改善が見られます。

特に左のほうれい線は以前は指でさわると深い溝のようになっていたのが、今は体感でゆるやかな傾斜くらいだと思います。フェイスラインも確実にシャープになってきています。

若々しい美肌を目指すためには洗顔や基礎化粧品でのスキンケアと同じくらい表情筋を鍛えることが大事です。しかし実践している人はそれほど多くないでしょう。

人がやらない表情筋トレーニングをやって周りの同年代と差を付けることだってできるかもしれません。

 

表情筋とは

人間の顔には30種類以上の筋肉があり、それらが繋がり合い作用することでさまざまな表情を作り出しています。

日本人は全体の30%しか表情筋を使ってないと言われています。無表情でいたり、パソコンやスマホばかり見て生活していると表情筋も衰えやすくなってしまいます。

そして私が一気に老けたのはどう考えても3DSの画面の見過ぎです。下を向いて表情を固定していると肉が垂れやすいというのを後から知りました……

 

表情筋の種類

表情筋にはたくさんの筋肉がありますが、ここでは主にトレーニングで鍛えておきたい表情筋について解説します。

 

①前頭筋(ぜんとうきん)

眉を上げるための筋肉。おでこから前頭部にかけて伸びている。

衰えると額の横じわが目立つようになる。

 

②眼輪筋(がんりんきん)

目を開いたり、閉じたりする筋肉。目の周りにある。

衰えると目尻が下がったりまぶたがたるむ。

 

③頬筋(きょうきん)

口角を上げるための筋肉。口元から頬に伸びている。

衰えると口角が下がりほうれい線も出やすくなる。

 

④口輪筋(こうりんきん)

口周りの表情をつくる筋肉。唇の周りにある。

衰えると口元のしわやたるみの原因となる。

 

⑤頤筋(おとがいきん)

あごを引き締める筋肉。唇の下からあごに向かって伸びている。

衰えると二重あごの原因となる。

 

表情筋トレーニングのやり方

実際に自分がやってみた中でやりやすい・分かりやすいと思った方法を紹介します。

●舌回し

www.youtube.com

 

意外と疲れる舌回しは口輪筋、頤筋を鍛えることができます。

簡単でいつでもできるので時間があるときに実行してみましょう。

 

●頬筋を鍛えるトレーニング

www.youtube.com

口角と頬を引き上げるトレーニングです。

簡単で分かりやすいのでお風呂場など鏡を見ながら筋肉の動きを意識して実践してみましょう。

それにしてもこの人がイケメンなので説得力がありますね。

 

●眼輪筋トレーニング

www.youtube.com

指で目の周りを固定することで閉じたときに負荷がかかり、眼輪筋に力が入っているのが自分でもよく分かるトレーニングです。

 

 

表情筋トレーニングはここで紹介した以外ににも色々な方法があります。

重要なのは筋肉の動きを意識すること。どの筋肉が使われているのか分かれば気になる部分を効率的に鍛えることができます。

そして、体の筋肉と同じで表情筋トレーニングも継続することが大切です。

空いた時間やお風呂に入る時間など、毎日少しずつでも表情筋トレーニングを続けて引き締まった魅力ある顔を手に入れてください。

 

 関連記事

 

mochi-mochi.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク