美容男子の実直☆コスメレビュー

1980年代生まれ。162cm 49kg、実年齢-5歳くらいに見られます。 V系好きな影響でワイルドよりキレイになりたい男子。 制作会社勤務でメインは紙媒体のお仕事です。web知識も勉強中。 詳しいプロフィールはaboutページをご覧ください。

ポイントカード会員は定期的な20%割引あり!ミネドラッグがお得

スポンサーリンク

ドラッグストアは医療品だけでなく今では食品や日用品、コスメを購入できるお店として私たちの生活にもなじみ深いですね。

ネットショッピングの市場が拡大している現在でも、やはり日常のちょっとした買い物や緊急で市販薬が欲しいときにもドラッグストアは近くて便利です。今回は私がよく利用しているドラッグストアの一つをポイントシステムを含めて詳しく紹介します。

(最終更新日:2018年1/22)

 

東京都を中心に首都圏に展開するドラッグストア

f:id:mochi-mochi-kun:20170316142652j:plain

東京・千葉・神奈川のドラッグストア・調剤薬局 クスリのミネグループ

 

皆さんはミネドラッグをご存じでしょうか?青いカラーが目印のミネドラッグは1都3県に約40店舗ほど展開しているドラッグストアチェーンです。新宿、中野など23区西側に店舗が多いため都内に住んでいても馴染みのない方もいるかもしれません。

ミネドラッグはポイントカードの会員になることで大きなメリットがあります。

 

ミネドラッグのポイントカード

f:id:mochi-mochi-kun:20180122170129p:plain

ミネドラッグではポイントカードを作ることができます。

入会金・年会費は無料で買い物の際に100円(税抜)ごとに1ポイントが加算され、次回の買い物で1ポイント=1円として使用可能です。

クレジット機能はなし。ドラッグストアのポイントカードとしては一番多いタイプだと思います。マツモトキヨシ、サンドラッグ、ツルハなど大手とも同じ還元率です。

昔は10000ポイントで300円のお買い物券が発行されるシステムで、還元率でいえば3%でした。そっちの方がお得でしたねw

※入会してから2年毎にポイントが失効するという独自のシステムがあります。最後の買い物から2年ではなく、決まった日に有効期限が来るので、把握していないといきなりポイントが失効していることもあるので注意。

 

ミネドラッグのポイントカードはドラッグストアのポイント比較サイトではあまり評価は高くないみたいですね。

全国展開している大手チェーンと比べると誰でも貯められるわけではないのがデメリットとされています。有効期限も分かりづらいですもんね。

 

しかし、ミネドラッグの真価はポイントカードそのものではなく会員限定のお得なセールで発揮されるのです。

 

ポイントカード会員になると医薬品・健康食品など20%割引DMが届く

f:id:mochi-mochi-kun:20170316142651j:plain

20%も割引とはありがたいですね!他のドラッグストアでも5%、10%OFFは見かけますが20%OFFはなかなかないと思います

割引きを受けるには店頭でポイントカードとこちらのDMの提示が必要になるので、忘れずに持参しましょう。

DMは年に数回届きます。だいたいシーズン(3ヵ月)に1回くらいが目安ですね。私はDM割引きを利用して常備薬やサプリメントをまとめて買っています。

 

DM割引できる商品 

f:id:mochi-mochi-kun:20170316142650j:plain

 

対象商品:

・医薬品 ・健康食品(トクホ飲料・代替食は除く) ・コンタクトケア用品

・生理用品 ・医療用品(マスク・絆創膏・サポーター・体温計、等)

・介護用品(介護食は除く) ・当社指定ブランド化粧品(NPP商品は除く)

 

風邪薬、目薬、外用薬、栄養ドリンクなど扱いが「医薬品」となっているものは基本的に対象になります。健康食品にはサプリメントや青汁、プロテイン、アサヒやファンケルなどから発売されているダイエット食品も該当します。トクホ茶・トクホコーラなどは残念ながら対象外となっています。

ちょっと分かり辛いのが化粧品ですね。こちらは欲しい商品が対象かを店員さんに聞くのが一番早いと思います。

私が確認できた割引対象となっていたのは以下のメーカーでした。

 

●資生堂(エリクシール、HAKU、プリオールなど)

●KOSE(雪肌精、肌極、アスタブランなど)

●カネボウ(ブランシール、Suisai、フリープラスなど)

●花王(ソフィーナ)

※メイク用品に関しては未確認です。

 

カウンセリング化粧品とされているブランドは一部例外を除きほぼ割引対象となっていました。

それ以外に割引対象となっていたのは以下のようなブランドでした。

 

●オバジ

●アスタリフト

●キュレル

●アトレージュ

●トランシーノ

●アルージェ

 

大手のブランドは割引対象になっている可能性が高いようです。

有名なはとむぎ化粧水、なめらか本舗の豆乳イソフラボンシリーズ、ロート製薬の極潤のような、いわゆるプチプラといわれる商品はほぼ対象外でした。

花王のソフィーナやキュレルはOKでもニベアやビオレは対象外だったり。基準はミネドラッグさんに聞かないと分かりません。

よく割引されている資生堂やKOSEのカウンセリング化粧品と違ってオバジやアスタリフトは何処へ行ってもほぼ定価なので、DM割引を利用してよく買ったものです。

 

 

今回は私がよく利用しているドラッグストアの一つ、ミネドラッグについて紹介しました。

ポイントカード会員になると送られてくるDM割引きがたいへんお得ですので、皆さんの身近な場所に店舗があれば是非利用してみてください。