メンズのスキンケア・美容ブログ

1980年代生まれ。162cm 49kg 紙媒体制作会社の主に内勤営業。 美容や健康について日々勉強しています。 詳しいプロフィールはaboutページをご覧ください。

オイル洗顔を1ヵ月続けてみた結果……

スポンサーリンク

f:id:mochi-mochi-kun:20170329004447j:plain

3/5の記事でオイル洗顔について書かせていただきました。その後今日までずっと続けてきたので果たして肌の状態に変化はあったのか?その結果について新たに記事を書こうと思います。 

「オイル洗顔って何?」という方は前回記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

 

www.mochi-mochi-kun.com

 

実践したオイル洗顔の方法

2/28頃より開始

洗顔時にオイルを塗り、1分程なじませてクレンジングの感覚で皮脂と汚れを浮かせて落とす。基本的に夜のみで朝は通常の洗顔料を使用。

3/11頃より方法変更

朝の洗顔も時間がないとき以外はオイルを使用。夜の基礎化粧品でのスキンケアにもオイルを取り入れる。

●従来のケア方法

プレ化粧水→化粧水(日本酒)→美容液→乳液

●新たなケア方法

プレ化粧水→化粧水(日本酒)→美容液→オイル

スキンケアの最後にオイルを塗りますが、量によってはテカることがあるので夜のみです。朝は従来通りの乳液を使用しています。

 

使用したオイル

模索段階ですので色々試してみました。

●馬油

f:id:mochi-mochi-kun:20170316141626j:plain

馬の皮脂を原料とする動物性油脂。人間の皮脂に近い成分で肌になじみが良い。抗菌や消炎作用もあり昔から民間療法でも用いられる。オイルだけあってべったり感があるので洗い落とすのにやや時間がかかる。

途中で洗顔として使うのは面倒になって現在は体の乾燥しやすい部分に塗る用に使っています。保湿力があり効能自体はとても優れていると思います。

試用期間:2/28~3/2

 

●スクワラン

f:id:mochi-mochi-kun:20170316141623j:plain

鮫の肝油から抽出して精製されたオイル。こちらもヒトの皮膚になじみやすい。馬油より軽くサラっとしたテクスチャで使いやすかったです。お試し用の15mlボトルを購入したのですぐ無くなってしまいましたが。価格はやや高め。

試用期間:3/3~3/10

 

●アルガンオイル

f:id:mochi-mochi-kun:20170328231828j:plain

モロッコにのみ生育するアルガンの樹から抽出された稀少なオイル。オレイン酸を多く含みビタミンE含有量が植物性オイルの中でも突出して高いのが特徴。その稀少価値ゆえ価格も高い。

途中から使い始めたアルガンオイルが最も使い心地が良く自分には合ってました。べたつきがなくお湯で落としやすく、それでいて洗い上がりはしっとりします。夜のスキンケアで乳液の代わりに使用したのもこちらのアルガンオイルです。

試用期間:3/11~

 

オイル洗顔の結果

それではbefore/afterにいってみましょうか。撮影時の状態は両日とも夜の入浴後に化粧水で肌を整えた後です。正直、写メを見てこの結果には自分でもビックリしました。

 

before

f:id:mochi-mochi-kun:20170329005924j:plain

撮影日は3/5なので正式にはオイル洗顔を始める前の状態ではありません。アップにすると肌あまりきれいじゃないのがバレますね><

毛穴も目立つし赤みを帯びている部分もありますね。まぁ30代のおっさんですから_(:3」∠)_

 

after

f:id:mochi-mochi-kun:20170329005923j:plain

撮影日は3/28。比較するまで「何となく肌の調子が良い」くらいの感覚はあったのですがここまで変化があるとは思ってませんでした。

照明の当たり方のせいかこちらの方が少し明るいかもしれませんが、それを差し引いてもだいぶ差があると思います。開いていた毛穴もほとんど目立たなくなっています。赤みがなくなったことで自然と肌が白くなっているように見えますね。

 

結論、オイル美容は最強

私も今まで色々な化粧品を使ったり美顔器も試したことがありますが、ここまで分かりやすい結果が出たのは初めてです。感動すら覚えております本当に。 

最後に何故オイル洗顔・オイル美容は優れているのかまとめます。

まずピュアオイルであれば不純物が一切入っていないので、界面活性剤や洗浄成分としての化学物質が入った洗顔料とは比較にならないほど肌にやさしいということです。

通常の洗顔料なら荒い残しがあると肌を傷める原因となってしまいますが、オイルの場合はそれ自体がスキンケア成分であるので洗い残しがあっても良い、というより全て落とす必要がないのです。私もオイル洗顔をするときはぬるぬるした感触がなくなる程度に洗ってしっとり感は残しています。

乳液の代わりにオイルを塗ることについても同様です。乳液やクリームは水と油分を混ぜ合わせるため乳化剤としての界面活性剤が必ず入っています。界面活性剤が悪いとは言いませんが、やはり添加物を含まないオイルを使うことが最も肌にやさしいケアだと思います。

もしこの記事を読んでオイル洗顔に興味をお持ちの方がいましたら、是非前回記事と合わせて読んでいただき実践してみてください。私もまだ模索段階ですのでより自分に合った方法を見つけていくつもりです。

 

 

現在使用中のオイルはこちら

スポンサーリンク