メンズのスキンケア・美容ブログ

1980年代生まれ。162cm 49kg 紙媒体制作会社の主に内勤営業。 美容や健康について日々勉強しています。 詳しいプロフィールはaboutページをご覧ください。

『ケロッグ フルーツグラノラハーフ くちどけカカオ』を食べた感想

スポンサーリンク

グラノーラといえば牛乳や豆乳に混ぜたり、ヨーグルトに乗せたりして、朝食やおやつとして手軽に食べることができる商品です。

オートミールを主原料とするグラノーラはたんぱく質や不足しがちな鉄分、カルシウム、食物繊維などの栄養素をバランス良く摂ることができる食品です。 

ナッツ類やドライフルーツが入っているグラノーラであればビタミンB群やビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなど美容にもうれしいさまざまな栄養素が含まれています。

 

今回は代表的なシリアル食品メーカーであるケロッグから、期間限定で発売されている脂質をカットしたヘルシーなグラノーラについて紹介します。

私はスーパーで見かけてパッケージがおいしそうだったので即購入してみました。

ダイエットを意識している方、甘いものを食べたいけどカロリーが気になる方は是非ご覧ください。

 

ケロッグ フルーツグラノラハーフ くちどけカカオ

f:id:mochi-mochi-kun:20171029120648j:plain

内容量:450g

価格:524円(Amazon調べ)

 

おいしさはそのままに、脂質を半分以下に抑えたヘルシーな「フルーツグラノラ ハーフ」から大人向けのテイストが楽しめる「くちどけカカオ」が期間限定で登場です。

特徴は、くちどけがよく味わいや香りがより際立つフリーズドライ製法のカカオキューブと、ベルギー産のカカオグラノラ。カカオと相性の良い甘酸っぱいラズベリーとブルベーリーが入っています。

カロリーを抑えている商品ですので、甘さは控えめで少しビターな大人の味のグラノーラとなっています。

ケロッグのフルーツグラノラハーフシリーズは低脂肪の穀物と、フルーツを採用し、油をできるだけカットすることで脂質を半分以下に抑えてヘルシーに仕上げている商品です。ダイエットしたい方にもおすすめのシリアル食品といえますね。

 

内容量は1袋450gなので一人暮らしなら長持ちするし、家庭用としても丁度良いサイズだと思います。1000mlの豆乳と並べるとパッケージの大きさが際立つのではないでしょうか。

f:id:mochi-mochi-kun:20171029120640j:plain

 

ケロッグのグラノラシリーズは比較的リーズナブルなので、こちらもスーパーで500円程度で購入することができます。

 

ケロッグ フルーツグラノラハーフ くちどけカカオの栄養素

1食(40g)当たりの栄養成分表示
エネルギー 156kcal
たんぱく質 2.7g
脂質 1.7g
コレステロール 0mg
炭水化物 33.3g(糖質31.8g、食物繊維1.5g)
食塩相当量 0.3g
ビタミンE 2.2mg
1.8mg
ビタミンB1 0.27mg
ビタミンB2 0.26mg
ナイアシン 2.6mg
ビタミンB6 0.23mg
葉酸 56μg

たんぱく質・ビタミンB群などバランスよく含まれています。朝食やおやつとしてバランスの良い食事を摂るのに適していると思います。

これだけではどの程度カロリーや脂質がカットされているのか分かりにくいので、同メーカーの「厳選素材 フルーツグラノラ 」と比較してみましょう。

1食(40g)当たりの栄養成分表示
エネルギー 170kcal
たんぱく質 3.0g
脂質 4.6g
コレステロール 0mg
炭水化物 30.0(糖質28.3、食物繊維1.7g
食塩相当量 0.3g
ビタミンE 2.4mg
1.9mg
ビタミンB1 0.27mg
ビタミンB2 0.28mg
ナイアシン 2.8mg
ビタミンB6 0.25mg
葉酸 60μg

 比べてみると脂質の差は一目瞭然!通常の「厳選素材フルーツグラノラ」の4.6gに対して1.7gは半分どころか60%以上の脂質がカットされています。脂質の摂取を抑えたいときの強い味方になってくれそうですね。

糖質を見てみるとなぜかハーフの方が若干高くなっています。脂質を抑えつつ美味しさを維持するためには糖質が増えるような製法になってしまったのかなと?

それと「厳選素材」の方がドライフルーツがたくさん入ってそうなので食物繊維はやや多いようです。

カロリーは脂質が少ないだけあってハーフの方が低くなっています。しかし想像していたほど通常の製品と差がなかったという印象。

 

ケロッグ フルーツグラノラハーフ くちどけカカオを食べてみる

この商品を購入した理由というのも脂質がカットされているとかカロリーが低いからではなく、単純にパッケージを見て美味しそうだったからです!

高級感のある味わいを期待できそうなカカオキューブにココアパウダーを使ったビターな風味のグラノーラ。食べるのがとっても楽しみですね(^-^)

 

それではさっそくお皿に開けてみましょう。

f:id:mochi-mochi-kun:20171029120633j:plain

あれ?色は普通のコーンやオーツ麦のシリアルですよね。

カカオキューブもパッケージではもっと大きいのがゴロゴロしているイメージでしたが、だいぶ小さいです(笑) 

他にはラズベリーのかけらと干しぶどうみたいなのが入っているようです。

 

f:id:mochi-mochi-kun:20171029120627j:plain

豆乳を投入します!(ギャグではない)

チョコフレーク系のシリアルを浸していると、やがて牛乳や豆乳がチョコレート色に変わってくるものですが、特にそういった変化はありません。

どうやらカカオパウダーを全体にふんだんに使っているというのではなさそうです。

 

気になる味は?

味や食感は普通のグラノーラと変わりはありません。脂質を抑えながらもちゃんと甘みがあるので食べやすく、おやつの代わりとしても満足できると思います。

カカオキューブは控えめの甘さとビターな風味があって私は好きですね。ただ、それ以外にカカオの風味を感じられる要素がほとんどありません。商品の特徴のひとつでもあるベルギー産のカカオグラノラというのは、普通のグラノラにちょっとだけ混じっているだけのようです。

パッケージからしてカカオを前面に押し出してチョコレート風味のグラノーラであるという印象を受けましたが、実際は小さなカカオキューブとカカオグラノラが少し入っている普通のグラノラというのが正解な気がします。

個人的にはカカオキューブがもっとごろごろ入っているか、全体がチョコレート色になるくらいココアパウダーがふりかかっている方が良かったかなと。

というわけで、味に関しては個人の好みになってきますが、脂質を半分以下に抑えたグラノーラというのはダイエット中にはありがたいですし、ケロッグの同シリーズや他社製品含めて今後も選択肢のひとつに入ってくるのではないかと思いました。

 

 

今回は「ケロッグ フルーツグラノラハーフ くちどけカカオ」の紹介とレビューでした。もしこの記事を読んで興味をお持ちでしたら、期間限定商品ですのでお早めのご購入をおすすめします。