美容男子の実直☆コスメレビュー

2017年1月運営開始。2018年8月現在月間40000PV。管理人は162cm 50kgで年齢はthe GazettEのルキと同じ。普通~やや混合肌。男はワイルドよりキレイが理想。 制作会社勤務でメインは紙媒体のお仕事です。web知識も勉強中。 詳しいプロフィールはaboutページをご覧ください。

毛穴・ニキビ対策にも。馬油配合『がばいよか泡洗顔』口コミレビュー

スポンサーリンク

 

また久しぶりの更新になってしまいましたが、もうちょっとがんばりたいところですね(笑)

今回は現在使用中の「がばいよか泡洗顔」について紹介・レビューを書きたいと思います。

まず私はここ数ヶ月間、以下の記事のオイル洗顔を実践してきました。

 

www.mochi-mochi-kun.com

 

オイル洗顔とは、添加物の入っていないスクワランやホホバオイルなどのスキンケア用のピュアオイルを肌になじませて汚れや皮脂などを浮かせて落とす洗顔方法です。

一般的な洗顔料のように洗浄成分として水と油を混ぜ合わせる界面活性剤が入っていないので肌にやさしく、刺激がないのがオイル洗顔のメリットです。洗い上がりの肌はとてもしっとり感があります。

ただ、オイルクレンジングのように時間を置いてなじませる必要があるので、時間がないときは面倒になるかもしれません。洗い落とすのにも少々時間がかかってしまいます。

私も時間がない朝は洗顔フォームですませてしまうことが多いです。

 

そんなわけで朝に使う洗顔フォームは最初から泡が出るタイプが便利だと思っています。きっちり管理しないと雑菌が繁殖しやすい泡立てネットを使う必要もないので、衛生的にも優れています。

今回は泡が出るタイプで新しい洗顔を探すことにしました。

 

がばいよか泡洗顔 

f:id:mochi-mochi-kun:20170621134614j:plain

メーカー:アスティ コスメフリーク

内容量:200ml

価格:1200円+税

がばいよか泡洗顔は全国のドラッグストアやバラエティショップで販売されているので、見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

実は3年ほど前に一度使用したことがあって、そのときも使い心地や肌の調子が良かった実感があったのですが、他にも試したい商品があってリピートはしませんでした。

今回なんとなくお店で見かけて「以前使ったとき悪くなかったし、また使ってみようかな」という感覚で購入しました。 

ちなみに「がばい」とは佐賀県の方言で「とても」、「すごい」という意味があるらしいです。「がばいよか」とは「とてもよい」という意味だと解釈しています。

 

名前の似ている「然 よかせっけん」とは別物です

「然 よかせっけん」は天然ミネラル”シリカ”を配合した石けん。メーカーは長寿の里。

「がばいよか」は馬油を配合した洗顔フォーム(石けんもあり)。メーカーはアスティ。九州の会社というのは共通しています。

「然 よかせっけん」も高品質で人気のある商品なので、気になっているアイテムの一つです。

然 よかせっけん公式サイト

 

がばいよか泡洗顔の特徴

f:id:mochi-mochi-kun:20170620173913j:plain

 引用-がばいよか公式ショップ

 

がばいよかシリーズは人の皮脂に近い性質で、肌に浸透しやすく保湿力も高い馬油を配合したスキンケア用品です。

「がばいよか泡洗顔」は馬油に加えて温泉水、浸透性コラーゲン、浸透性ヒアルロン酸、温泉水、プラセンタ、セラミドなどの潤い成分が多数配合された肌にやさしい保湿系の洗顔フォームとなっています。

最初から泡が出るタイプなので時間がないときの洗顔も簡単行えますね。

また、洗顔としての用途だけでなく顔の上に泡をのせてパックのように使うこともできます。

一般的な洗浄力の強い洗顔フォームであればしばらく顔につけているとヒリヒリするような感覚がありますが、「がばいよか泡洗顔」は肌にやさしい成分なので刺激による心配は少ないです。

 

<全成分>

水、グリセリン、ココイルグリシンK、ラウリルヒドロキシスルタイン、馬油、加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、セラミド2、プラセンタエキス、プロテアーゼ、パルミチン酸、ミリスチン酸、ラウリン酸、水酸化K、ラウレス硫酸Na、イソステアリン酸PEG-30グリセリル、EDTA-2Na、レモングラス油、クエン酸、温泉水、PG、BG、PPG-4セテス-20、塩化Na、DPG、フェノキシエタノール、メチルイソチアゾリノン

 

洗浄成分のココイルグリシンKは、アミノ酸の一種であるグリシンと、ヤシ油脂肪酸から生成されたアミノ酸系界面活性剤です。低刺激で安全性の高い洗浄成分とされています。

ラウリルヒドロキシスルタインはヤシ油やパーム核油を加水分解して生成されるラウリン酸由来の界面活性剤。こちらもマイルドな洗浄成分です。

もうひとつ気になるのがラウレス硫酸Na。これは刺激が強いとされるラウリル硫酸と名前が似ているので風評被害を受けやすいのですが、そんなに強い洗浄成分ではありません。

詳しく解説しているサイトがありますので、よろしければご参照ください。

ribelt.com

 

がばいよか泡洗顔を使ってみる

f:id:mochi-mochi-kun:20170621134619j:plain

プッシュで泡が出るのでとてもお手軽。2プッシュくらいで洗顔には充分な泡の量になります。ノズル式なので衛生的にも良いですね。

メーカーの商品紹介にはもっちり泡と書かれていますが、これはちょっと微妙なところ。すぐへたるような泡なので見た目ほど弾力性はないと思います。口コミサイトを読んでいても「泡がゆるい」というレビューが多いようですね。

以前に使っていたモッチスキンようなもっちり泡洗顔が好きな方には物足りない泡かもしれません。

香りはレモングラス。そんなに強くないので良くも悪くもあまり気にならなかったです。 

www.mochi-mochi-kun.com

 

パックとして使う場合は顔にのせて30〜60秒程度置いてから洗い流します。肌にやさしいといっても洗浄成分を含んだ洗顔料なのであまり長い時間つけておかない方が良いでしょう。特に敏感肌の人は最初は30秒くらいで様子見を推奨します。

 

毛穴に効果

使用後は肌がつるつるになります。もちもち泡で汚れを吸着するようなタイプでもないのに、思った以上に洗浄力を発揮してくれました。

「プロテアーゼ」というたんぱく質を加水分解する酵素が入っているので、古い角質や毛穴の汚れ、角栓に効果を発揮しているのだと思われます。

ここ一週間ほど朝の洗顔時に続けてみましたが、以前より肌表面がごわつくような感触もなくなったのでオイル洗顔だけのときよりむしろ調子が良いかもしれません。特に毛穴、鼻の黒ずみが以前より目立たなくなっています。

やはり洗顔フォームに一定の洗浄力は必要だと再認識させられました。

 

ニキビにも効果

酵素により毛穴汚れを除去してくれるということはニキビ肌にも効果が期待できます。ニキビができるのは、思春期のホルモンバランスや生活習慣の乱れから過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まって、そこにアクネ菌が繁殖して炎症を起こすのが原因です。

毛穴詰まりや角栓ができなければ、ニキビができてしまうのも防ぐことができます。

また、人間の肌は乾燥していると判断すると皮脂を過剰に分泌してしまいます。保湿成分の入った「がばいよか泡洗顔」なら洗顔後に乾燥しにくくなり、肌の状態が安定します。

 

値段もそんなに高くないし今までリピートしなかったのは勿体なかったです。今後も朝はがばいよか泡洗顔、夜はオイル洗顔の併用で続けていこうかと考えています。

肌へのやさしさと洗浄力。バランスって大切ですね。

 

がばいよか泡洗顔の口コミ・評判など

@cosmeでは7点満点中4.0点。可もなく不可もなくな点数です。

高評価口コミ

「泡がゆるいので3~4プッシュで使用。洗顔後は肌がつっぱらず、さっぱりしているのに保湿感がある」

「洗顔+パックで使用後肌が明るくなった」

「汚れを落としてくれるけど、必要な油分まで取らないので肌がつっぱらないのが良い」

「洗い上がりがツルツルになった。泡タイプなので朝の時短にもなる」

低評価口コミ

「レモングラスの香りは好き嫌いがありそう」

「毎日使用すると肌がピリピリしてきた。三日に一回くらいが良い?」

「泡がゆるくてすぐへたる。洗っていて気持ち良さはない」

 

泡のゆるさを気にしている方が多かったです。その分容量は200mlとたっぷりめなので、複数回プッシュして贅沢に使ってしまえば良いかと思います。

泡立てネットを使えばもっちり泡になるみたいですが、そうするとわざわざ泡洗顔を使っている意味がなくなりそう……

どちらかというとマイルドな洗顔なので、刺激があるというクチコミはほとんどありませんでしたが、酵素が合わない(?)という方もいました。

 

おすすめ度:★★★★★★★★

※10点満点。9点以上獲得で殿堂入り

 

 

「がばいよか泡洗顔」はAmazon・楽天で購入できます。

がばいよかシリーズの紹介

 馬油に加えて保湿成分としてコラーゲン・ヒアルロン酸を配合した『がばいよか石けん』も販売されています。泡立てネットを使えば石けんの方が泡タイプのフォームよりもっちり感がでるかと思います。

こちらは合成界面活性剤や防腐剤・酸化防止剤・合成着色料・合成香料は不使用の安心の自然派石鹸となっています。

 

ドラッグストアなどショップの店頭では洗顔ほど見かけませんが、がばいよかシリーズには化粧水もあります。日本三大美人の湯に数えられる佐賀県嬉野温泉の温泉水をベースに馬油・プラセンタ・セラミドを加えた肌にやさしく、保湿力の高い化粧水です。

 

化粧水・美容液・乳液・クリームの役割を果たし、これ一つでお手入れを済ませてしまえるオールインワンジェルも販売されています。8%という高配合の馬油と11種の美容成分による抜群の保湿力とノンシリコン製法が魅力です。

 

合わせて読みたい洗顔系おすすめレビュー記事  

www.mochi-mochi-kun.com

www.mochi-mochi-kun.com

www.mochi-mochi-kun.com