美容男子の実直☆コスメレビュー

2017年1月運営開始。2018年8月現在月間40000PV。管理人は162cm 50kgで年齢はthe GazettEのルキと同じ。普通~やや混合肌。男はワイルドよりキレイが理想。 制作会社勤務でメインは紙媒体のお仕事です。web知識も勉強中。 詳しいプロフィールはaboutページをご覧ください。

レスタミンは睡眠改善薬としてドリエルの代わりに使用可能?

スポンサーリンク

f:id:mochi-mochi-kun:20180104000451j:plain

今回の記事は眠れないときに服用することで入眠効果を得られる市販薬の紹介と実際に使った感想です。

また、医薬品以外での睡眠改善方法としてアミノ酸の一種であるグリシンL-テアニンの効果や摂取できるサプリメントについても紹介しています。

(最終更新日 2018年9/18)

 

●この記事で分かること

・市販の睡眠改善薬について。有効成分ジフェンヒドラミン塩酸塩の効能。

・レスタミンコーワと市販の睡眠改善薬との成分や値段の比較。

・睡眠導入にレスタミンコーワを服用する目安は何錠か。その際の注意点。

・医薬品に頼らない睡眠改善「グリシン」と「L-テアニン」について。サプリメントの入手方法。

 

●ガチな睡眠薬についての記事も書きました 

www.mochi-mochi-kun.com

 

 

 

睡眠改善薬とは

「明日は大切な用事があって緊張してなかなか寝つけない」、「仕事のストレスで眠れない」

そんな経験や睡眠に関する悩みがある人も多いと思います。

睡眠時間が減少すると翌日眠くて仕事もつらいし、不眠が続けば体力も落ちる。

目の下にクマが出来たり、肌荒れを起こしたり……美容的にもたいへん悪影響です。

そんなときに頼りたくなるのが市販の睡眠改善薬。その中でも真っ先にイメージするのはこれでしょう。

f:id:mochi-mochi-kun:20170123210937j:plain

ドリエルについて

2003年にエスエス製薬から発売されて大ヒットした第二類医薬品。その後に追随した他メーカーからも多数の睡眠改善薬が発売されています(大正製薬「ネオディ」、第一三共ヘルスケア「グ・スリー」など)。

効果は一時的な不眠による寝つきが悪いことや、眠りが浅いことの緩和です。

 

これらの睡眠改善薬の有効成分として共通しているのはジフェンヒドラミン塩酸塩。この成分はアレルギーやかゆみを抑える抗ヒスタミン薬の成分として知られています。

 

【ジフェンヒドラミン塩酸塩の働き】

アレルギーの発症には、ヒスタミンという体内物質が関与しています。このお薬は、ヒスタミンの受容体をブロックし、その働きをおさえることで アレルギー症状を緩和します。カゼや花粉症をふくめ、アレルギーにもとづくクシャミや鼻水、じんま疹やかゆみなどに有効です。ただし、対症療法薬になりますので、アレルギーの原因そのものは治せません。 

出典-www.interq.or.jp

 

ジフェンヒドラミン塩酸塩はもともと鼻水やくしゃみなどのアレルギーの薬、風邪薬などに含まれる成分です。花粉症や風邪の薬を飲んだら眠くなることがありますよね?

ドリエルを始めとする睡眠改善薬はこの作用を利用して作った薬なのです。

 

ドリエルと全く同じ成分で半額以下の薬

市販の睡眠改善薬はなかなかいい値段がします。店舗によって差がありますが大体6回分で1200~1800円くらいが相場ではないでしょうか。  

 

 

実はこれらの睡眠改善薬と全く同じ成分で半額以下で購入できる薬があります。

f:id:mochi-mochi-kun:20170123214444j:plain

レスタミンコーワ糖衣錠

蕁麻疹、湿疹、かぶれ、かゆみ、鼻炎などの症状を抑える抗アレルギー薬です。

有効成分はジフェンヒドラミン塩酸塩で、市販の睡眠改善薬と全く同じ成分です(カプセルと錠剤の形態の違いがあるので添加物は異なります)。

レスタミンコーワは1錠あたり有効成分のジフェンヒドラミン塩酸塩が10mg入っています。一方、ドリエルには1錠あたり25mgです。

ドリエルを服用する際は1回2錠で計50mgのジフェンヒドラミン塩酸塩を摂取することになります。レスタミンコーワを1回5錠服用すれば睡眠改善薬として代用できることになるのです。 

 

レスタミンコーワ糖衣錠は120錠で800円もあれば購入できます。

1回5錠の服用で24回分、1回当たり33円になります。

ではドリエルの価格を12錠で1800円として同様の計算をしてみます。

1回2錠の服用で6回分、1回当たり300円になります。

なんとその差は9~10倍。レスタミンの有効成分はジフェンヒドラミン塩酸塩のみなので本当に中身は同じ。もう睡眠改善薬を買うのがバカらしくなってきてしまいますね_(:3 」∠ )_

 

レスタミンコーワを睡眠導入に使用した感想

レスタミンコーワは市販の睡眠導入薬と同じ効果があって、しかも格安ということが分かりましたね。

私はこれを実際に服用しているわけですが、5錠飲むと30分~1時間程で頭がぼーっとしてきて眠気が訪れます。

就寝前にレスタミンコーワを服用したときは朝までぐっすり眠れることが多いのですが、私の場合はむしろ長時間効きすぎるくらいです。

22時頃に飲んだら翌朝起きてからも9~10時くらいまではまだ「頭が重い」くらいの感覚があるほどです。眠れなくて24時を過ぎてから飲むようだと、翌日午前中はずっと眠気が残った状態になってつらいかもしれません。

体感的に12時間程度は薬が効いているので、本当に寝起きが悪くなります。翌朝のことを考えると夜は早めに飲んでおいた方が良いと思います。

私の場合ですと、普段服用するときは基本3~4錠程度にしています。5錠飲むのは全く眠れず困っているときの緊急対応くらいです。

上記は私の経験談ですが、薬の効き目には個人差があります。人によってはほとんど睡眠導入効果を実感できないという報告もあります。

 

睡眠導入の目安は何錠か

●どうしても眠れないとき:5錠

ジフェンヒドラミン塩酸塩50g。市販の睡眠導入薬と同じ量です。

人によっては10時間以上効くので、翌朝になっても頭が重く寝起きが悪くなることがあります。

●寝つきを良くしたいとき:3~4錠

ジフェンヒドラミン塩酸塩30~50g。

レスタミンを通常服用する1回分。風邪薬や鼻炎の薬で眠気が訪れるのと同じ感覚です。

 

睡眠導入薬として使用する際の注意点

ジフェンヒドラミン塩酸塩には眠気を引き起こす以外に大きな副作用はありませんが、咥内やのどが渇きやすくなります。エアコンの効いた乾燥した部屋で寝ている間にのどを痛めて風邪を引いてしまうなんてことにはならないように注意が必要です。

また、眠気をもよおすジフェンヒドラミン塩酸塩の鎮静作用は服用を続けていくうちに耐性ができてしまうこともあります。効きにくくなったからといって大量服用するようなことは絶対にしてはいけません。

市販の睡眠導入薬の使用目的は一時的な不眠の改善ですので、眠るために常用する薬ではないということを念頭に置いておくことが大切です。

睡眠導入薬を飲んでも不眠が改善しないときは病院で診てもらい、適切な薬を処方してもらうようにしてください。

この記事もレスタミンを本来の用途ではない睡眠薬として服用することを推奨するものではありません。

 

レスタミンUとは

抗炎症作用のあるグリチルリチン酸二カリウムが、じんましんや湿疹、かぶれなどによるかゆみを抑えます。炎症の改善に効果のあるビタミンBも添加されているので、皮膚の炎症が出ている人向けです。

ジフェンヒドラミン塩酸塩の配合量は変わらないので睡眠だけを目的とするのであればレスタミンUを買う必要はありません。

 

  

眠れない女子にはふんどしもおすすめ(?)

 

医薬品以外で睡眠の質を改善する方法

医薬品に頼らず睡眠の質を良くする方法もあります。グリシンというアミノ酸をご存知でしょうか?

私たちの体組織を構成するアミノ酸には 食事からしか摂ることのできない必須アミノ酸(バリン、ロイシン、イソロイシンなど)と体内でつくりだすことのできる非必須アミノ酸(アラニン、グルタミン、アルギニンなど)が存在します。

グリシンはその中の非必須アミノ酸に分類され、体内で合成することができます。コラーゲンや神経伝達物質を生成する働きを担っています。

 

このグリシンを摂取することによって深い眠りにつきやすくなり、中途覚醒や早朝覚醒が減り、睡眠のリズムが安定することが分かっています。

グリシンはエビやホタテに含まれる成分で、甘味があります。魚介類の甘味がグリシン由来なのだそうです。

 

実際に私も一時期グリシンを飲んでいました。ちょうど1年くらい前、夜中に目覚めてしまったり、アラームよりだいぶ早く起きて以降寝つけないというのが続いた時期がありました。入眠自体に支障はないのに、目覚めやすくて十分な睡眠が取れないという状態です。

毎日レスタミン服用するわけにもいきませんので、本当に困っていましたね。

そんなときにグリシンの存在を知ってすぐにネットで購入。一日3〜5gの摂取を何日か続けていると、中途覚醒・早朝覚醒がなくなってぐっすり眠れるようになりました。

今現在はグリシンなしでも眠れているので特にリピートはしていません。不眠は時期的なものやメンタル的な要素もあるので、グリシンのおかげなのかは分かりませんが、たとえプラセボ効果だとしても、グリシンに賭けて飲んでみて良かったと思っています。

 

グリシンを摂取できるサプリメント

代表的なものは味の素のグリナです。睡眠・休息サポートのサプリメントとしては売上No.1で、大手食品メーカーの製品ということもあって安心して利用できます。

そのままのグリシンに比べてグレープフルーツ味でたいへん飲みやすくなっているのも魅力です。

でも値段が結構かなりお高い……1回約3gの30回分で7000円くらいです。

 

「グリナ高過ぎ!」と思った方はグリシンパウダーそのものを購入してしまうという手があります。

 1kgで1000~1500円くらいで買えます。比較するとグリシンの原価がどれだけ安いか分かっちゃいますね(笑)

ちなみにグリナに含まれている成分はグリシン、クエン酸、香料のみです。余計なものは入っていないというかほぼグリシンそのものです。

なんだかレスタミンとドリエルの関係に似てる気がしますねぇ……

グリナの価格には味の素の研究開発費や広告宣伝費が乗っているのでしょうか。

 

粉末のグリシンをそのまま飲むと独特の甘い味がします。砂糖とはまた違った謎の甘味です。これが平気か苦手かで常用できるかが分かれると思います。

元々甘みがある他の飲み物と混ぜると結構飲みやすくなります。グリシンを混ぜても味に影響が出にくい野菜ジュース・フルーツジュースなどがおすすめ。青汁に混ぜると少し甘みが出て青汁単体より飲みやすくなったりします。

 

アミノ酸の一種であるグリシンは医薬品ではなく食品ですので、副作用は特にありません。薬に頼るより健康的な睡眠サポートだといえます。

ヒトの皮膚を構成するコラーゲンの1/3を占めているというグリシンは美容目的のサプリメントとしても効果を期待できます。

 

飲用にあたっての注意点は特にありませんが、深い眠りにつきやすくするために飲むのであって薬のように睡眠導入効果はありません。夜中や早朝に目が覚めてしまうという方には効果がありますが、そもそも寝つきが悪いという場合はグリシンで改善することは難しいかもしれません。

 

www.mochi-mochi-kun.com  

www.mochi-mochi-kun.com

  

L-テアニンとは

グリシン以外にも睡眠改善効果が注目されている成分としてL-テアニンというアミノ酸あります。

L-テアニンは主に玉露や抹茶などの緑茶に含まれる成分で、グルタミン酸と似た構造を持つ「うま味成分」として知られています。

L-テアニンを接種することによりリラックスの指標であるα波の発生が確認されています。また、抗ストレス効果や睡眠の質の改善が報告されています。

昔からお茶を飲むと「ほっとする」と言われているのは、L-テアニンがヒトの脳に働きかけ、カフェインによる興奮作用・覚醒作用を緩和させる効果であることが分かっています。

 

グリシンを飲むことで深い睡眠につきやすくなるのに対して、L-テアニンはリラックス作用・覚醒の鎮静作用により寝付きを良くして、スムーズに入眠できる成分です。

ストレス、イライラでなかなか寝付けない場合はL-テアニンを摂ることで改善できる可能性があります。

 

L-テアニンを接種できるサプリメント

L-テアニンにより快適な睡眠が得られる目安1日200mgの接種とされています。これを煎茶で摂ろうとすると1日約20杯も飲まなくてはなりません。

どう考えてもカフェインの摂り過ぎで逆に身体に悪そうですね。

L-テアニンを効果的に摂るには成分を凝縮したサプリメントがおすすめです。 

ネナイトは1日4粒で200mgのL-テアニンを接種できる睡眠改善サプリです。

販売元は「ディアナチュラ」や「スリムアップスリム」など多くのサプリメント・健康食品を販売しているアサヒグループ食品なので信頼性と安心感があります。

希望小売価格は30日分で1900円(税別)なのでとても良心的ですね(笑)

 

さらにコスパを求めるのならやっぱり海外サプリ。1粒200mgのL-テアニンが120粒入っています!まぁ1粒の大きさもアメリカンサイズなので若干飲みにくいかもしれません。

また、海外からの直輸入になるので発送が遅くなるのと、送料が高くなってしまうデメリットがあります。

それを含めても圧倒的に安いのですけれどね。

 

L-テアニンは私も試したことがありませんので、効果を実感できるかについては何とも言えません。むしろ飲んでいる方の報告を聞いてみたいです。

 

入浴で交感神経をリラックスさせるのも安眠におすすめです 

www.mochi-mochi-kun.com

 

 最終手段の記事 

www.mochi-mochi-kun.com