美容男子の実直☆コスメレビュー

2017年1月運営開始。2018年5月現在月間30000PV。管理人は162cm 49kgの30台半ば。実年齢-5歳くらいに見られます。V系好きな影響でワイルドよりキレイになりたい男子。 制作会社勤務でメインは紙媒体のお仕事です。web知識も勉強中。 詳しいプロフィールはaboutページをご覧ください。

5LANC(ファイブランク)密封生化粧水 口コミレビュー

スポンサーリンク

こんにちわ。今回は店頭でとても興味を惹かれて購入した、まったく新しいタイプの化粧水をレビューします。

私は風呂上がりのボディケアに大容量化粧水を使っています。クリームだと油分が多くどうしてもべたつきがあるので上から衣服を着るとちょっと気持ち悪いんですよね。

化粧水なら水分も補給しやすいし、すぐに服を着ることができるので時間のない朝にシャワー浴びた後も楽です。

普段から使っているのは有名なハトムギ化粧水やロートの極水などドラッグストアでもよく見かける商品で、現在使用しているのがなくなりそうだったので新しいものを買いに行きました。そこで見つけたのが不思議な形状のボトルと「生」というキャッチコピーが印象的なパッケージのこちらの商品。 

f:id:mochi-mochi-kun:20170316151618j:plain

 

 

5LANC(ファイブランク)密封生化粧水 しっとりタイプ

f:id:mochi-mochi-kun:20170221165244j:plain

引用-

5LANC(ファイブランク) 密封生化粧水 「しっとりタイプ」 5MP02 密封生化粧水 PureSmile

 (メーカーオフィシャルサイト)

 

内容量:460ml

価格:メーカー希望価格 594円(税込)

※さっぱりタイプもあり

 

安っ!!

2016年12月に発売された商品なので現時点ではまだ@コスメの口コミや他のレビューも見当たりません。さっそく特徴や成分を見ていきましょう。

 

商品特徴

■酸化しにくい、空気に触れない特殊ボトルでいつでも開けたて化粧水
■空気に触れるとこわれやすいピュアビタミンC配合(製品の抗酸化剤)
■これ一本でフェイスもボディもたっぷり保湿できちゃう大容量タイプ

 

この特殊ボトルというのが生醤油のボトルのような構造でキャップ口から空気が入らない仕様。それによって今まで配合することが難しかった成分「ピュアビタミンC」を配合することが可能となっています。

私はここに一番惹かれました。ほとんどの化粧品に配合されているのはビタミンCそのものではなくビタミンC誘導体であり、ビタミンC誘導体は生体内の酵素反応でビタミンCに変化する物資です。ビタミンCそのものは空気に触れると壊れやすいため化粧品に配合することが難しい成分だったのです。

ピュアビタミンCを配合した化粧品といえば代表的なのはオバジの美容液。シリーズで一番ビタミンC濃度の低いもので10ml3000円くらいの価格なのでなかなか高価です。手軽にビタミンCをスキンケアに使えるのはうれしいですね。

 

と言ってもファイブランク密封生化粧水に入っているピュアビタミンCは「製品の抗酸化剤として」と表記されていることから、わずかな量だと思われます。主成分として高濃度で配合されているオバジのような製品とは違いますので過剰な期待はしないほうが良いでしょう。値段相応です。

 

全成分
水、DPG、加水分解コンキオリン、加水分解シルク、アスコルビン酸、レモン果実エキス、スギナエキス、ホップ花エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、セラミド1、セラミド3、セラミド6Ⅱ、フィトスフィンゴシン、コレステロール、カルボマー、キサンタンガム、ラウロイル乳酸Na、グリセリン、アラントイン、ジフェニルジメチコン、トリオクタノイン、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、PEG-60水添ヒマシ油、BG、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルイソチアゾリノン、香料
パラベン・アルコール・鉱物油・着色料・石油系界面活性剤フリー
 
全成分表で水の次に表記されているのが1%までしか配合できないDPG(ともうろこしやりんごなど自然植物からつくられ保湿剤や感触改良剤として使われる)なので、基剤となる水ベースに美容成分や調整剤が添加されているような感じですね。アスコルビン酸というのがビタミンCです。
低価格ながら加水分解コラーゲンやセラミド1・3・6など多数の保湿成分が含まれています。加水分解コンキリオンというはあまり聞きなれない名前ですがアコヤ貝の真珠、または貝殻から抽出されるアミノ酸を主とした成分で保湿や皮膚細胞を活性化する作用があるとのこと。スキンケアだけでなくヘアケア用品にも配合されている成分です。
パラベン不使用ですがその代わりにフェノキシエタノールという防腐剤が入っています(最近多いパラベンフリーの製品は大抵他の防腐剤が入っています)。密閉型の特殊ボトルなので保存料の類も最小限だと思いたいのですが。
 

気になる使用感は?

しっとりタイプは半透明でかなりとろみがあるテクスチャ。化粧水というより美容液やジェルっぽい感触です。

f:id:mochi-mochi-kun:20170316151617j:plain

 

手に乗せた写真がこちらですが質感がわかりづらいかもしれないのでデスクの上で。 

f:id:mochi-mochi-kun:20170316151615j:plain

 

尚、さっぱりタイプの方は店頭のテスター使ってみたところ、水に近いテクスチャです。
 
体用ローションとして購入したのでさっそく風呂上りにつけてみました。なかなか伸びがよく塗りやすいです。油分が少ないようでいつまでも肌表面に残っていてべたつくこともありません。 

f:id:mochi-mochi-kun:20170316151614j:plain

写真は塗った直後の腕ですがテカりなどは見えませんね。
少し時間が経ってから様子を見てみると肌表面に油分が残る感じはしませんが、なんだか水溶性ポリマーでゲル化させたオールインワンゲルを肌に塗ったあとのような感覚に似ています。良い表現をすればヴェールで覆われているような?
保護成分は肌には入っていかずに表面に残っているようなので上から水をつけるとぬるぬるしそうです。
 

継続してみて

まだ使用一週間くらいですが。毎朝晩シャワーのあと体に使用で、肌の調子は良好です。以前に体ニキビ対策に殺菌成分を含んだボディーソープ&ローションから肌にやさしく保湿できるものに変えて改善中という内容の記事を書きました。 

www.mochi-mochi-kun.com 

現在はそのときよりもコンディションの良い状態が続いています。まだまだ乾燥する時期ですがかさつくこともありません。体用としては満足しています。
顔の方にも試してみました
特に合わないということはなく、肌のコンディションも普段と変わらないと思われます。やはり表面を覆っている感があるので次に使う美容液の浸透に影響があるような気もします。
顔用として美容液や乳液と合わせて使うならさっぱりタイプの方が良いかもしれません。単体で体に使うならしっとりタイプがおすすめできます。
ただ、他の化粧水から切り替える価値があるかというと微妙かなぁ。
 

顔使用でハリがUPするとかワントーン明るくなるとか、目に見えた効果はなさそうです。表面に膜を張っているようで浸透しているかもちょっと怪しい気がします。

大容量なので体用には向いていると思います。品質が劣化しにくいという特徴も大容量サイズと相性が良いですね。

コスパ面含めた評価でこの点数です。

 
 
2017年11/6追記 大手クチコミサイトでの評判を調べてみました。顔用化粧水として使用したい方はご参考にどうぞ。 

5LANC(ファイブランク)密封生化粧水のクチコミ・評判

しっとりタイプ

大手クチコミサイト評価:7点満点中4.2点

「なかなか浸透しにくい。コットンかプレ化粧水のあとのハンドプレスでなじませている」

「保湿力はあるのにベタつきにくい」

「大容量で値段が安いのでバシャバシャ使える。コスパが良い」

「浸透に時間がかかる気がする。パッティングしながらなじませている。」

しっとりタイプは浸透しにくさを気にするクチコミが見受けられました。洗顔後に直接使うより、先にブースターなどで水分を補給して肌を整えるのが良いかもしれません。保湿力に関しては割と好評でした。やはりコスパ面の高さ含めて高評価している方が多いようです。 

 

 さっぱりタイプ

 大手クチコミサイト評価:7点満点中4.6点

「プレ化粧水としてたっぷり使用している」

「ビタミンC特有のピリっとした刺激(?)がある」

「肌になじみやすく浸透力が高い」

「保湿力が足りないと感じる」

さっぱりタイプは浸透しやすいというクチコミが多かったです。その分保湿力には欠けるといった印象です。たっぷり重ねづけして上からしっかり乳液で蓋をすることが大事ですね。他にもスースーするといった肌への刺激に関するコメントがありました。しっとりタイプの方が使用感はマイルドかもしれません。