美容男子の実直☆コスメレビュー

2017年1月運営開始。2018年5月現在月間30000PV。管理人は162cm 49kgの30台半ば。実年齢-5歳くらいに見られます。V系好きな影響でワイルドよりキレイになりたい男子。 制作会社勤務でメインは紙媒体のお仕事です。web知識も勉強中。 詳しいプロフィールはaboutページをご覧ください。

包丁すら不要!超簡単に作れる野菜たっぷりのカレー~自炊しない男の料理~

スポンサーリンク

いきなりですが、私はここ10年くらいまともに料理を作っていませんでした。

食事はほぼ外食or弁当や惣菜を買って食べていました。

一応、学生の頃と社会人1~2年目までは自炊をしていましたが、以降はすっかり面倒くさくなってしまい、料理といえばせいぜい袋麺を茹でるくらいのものでした(料理と呼べるのか?)

外食や弁当がメインになりながらも栄養バランスには気を遣ってはいました。しかし、それを考慮した食事を摂るとどうしても値段が高くなる。牛丼や日高屋のラーメンばかり食べていれば良いわけではありませんからね。

そんな状況が続く中で最近は久しぶりに自炊をするようになったのです。

特に肉野菜炒めと鍋は簡単に作れてコストもかからないし、野菜も摂れて良いことづくめです。

その素晴らしさに気付いてからは積極的に作るようになり、自炊のメリットの大きさを今頃になって認識しています。

 

今回の記事では私のような自炊するのが面倒な男でも、とっても簡単に作れて栄養たっぷりの料理を紹介します。

 

自炊をしない男でも超簡単に作れる野菜たっぷりカレー(3皿分)

カレーといえば煮込むのに時間はかかるものの、調理自体は難しくない料理ですね。しかし自炊をしない一人暮らしの男にはそれでも面倒くさいのです。この気持ちは同族にしか分からないでしょう(笑)

今回作るカレーは手間を最大限に省いたので、そんな人たちにも是非おすすめしたい料理です。

 

材料

f:id:mochi-mochi-kun:20180113223657j:plain

●ジャワカレー(辛口)

●コンソメ

 

f:id:mochi-mochi-kun:20180113223653j:plain

●カット済みじゃがいも・玉ねぎ・人参(400g)

●しめじ(100gくらい)

●鶏肉(200g)

 

まずはスーパーでこれだけ調達してくればOKです。今回はイトーヨーカドーで買ってきました。

ジャワカレーが辛口なのは個人的な趣味です。

注目すべきはカット済みのじゃがいも・玉ねぎ・人参のセットです。自炊をしない男はいちいちじゃがいもの皮を剥いたり、涙目になりながら玉ねぎなんか切っていられません。これならすぐに調理できる状態になっているので、あとは鍋に突っ込むだけです!

スーパーに行けば野菜炒めや寄せ鍋など、用途に合わせたセットも販売されているので、これを利用すれば自炊の難易度は一気に下がります。

今回はさらにきのこをプラスしてひとつ上の男ならぬ、ひとつ上の味を目指したカレーを作ってみようと思います。しめじは手でバラせば包丁を使う必要がないので楽です。

 

①じゃがいも・玉ねぎ・人参を鍋に入れる 

f:id:mochi-mochi-kun:20180113223646j:plain

ブイヨンで煮込んでいるスープごとあけます。パックに入っているとそうでもないのですが、鍋に入れると結構ボリュームたっぷりなのが分かります。ごろごろ野菜のカレーが作れそうですね。

手の込んだカレーだと先に具材を油で炒めたりもしますが、簡単さを追求しているのでここでは省略。

 

②しめじを入れる

f:id:mochi-mochi-kun:20180113223642j:plain

しめじをバラしていると意外と量が多いことに気付きました。今回は半分ほど使って、残り半分は明日の食材にしちゃいます。

 

③水(400ml)を入れて煮込む

f:id:mochi-mochi-kun:20180113223832j:plain

先に野菜から中火で煮込みます。水は煮ている間に蒸発していくので「少し多いかな?」と思うくらいの量でOKです。野菜に火が通り始めてきたようなタイミングで肉を入れます。

 

④肉を入れる

f:id:mochi-mochi-kun:20180113223828j:plain

ここで肉を投入。唐揚げや鍋用の肉は細かくカットされているので、そのまま使えます。ちょっと大きいと感じたらあらかじめ食べやすいサイズに切っておきましょう。

肉を入れると灰汁が出てくるのでおたまで取るのを忘れずに。

 

⑤コンソメを一粒入れてさらに煮込む

f:id:mochi-mochi-kun:20180113223821j:plain

味の素のコンソメは1個で300ml程度のスープに対応しています。入れるタイミングは肉の灰汁を取ってからがおすすめです。

このあと弱火で15分ほど煮込むと、これだけでも料理として成り立っちゃいそうな香ばしい肉野菜スープが出来上がります。

 

⑥ルウを入れる

f:id:mochi-mochi-kun:20180113223817j:plain

ジャワーカレー1箱には写真のような固形のルウが2個入っています。今回は3皿分作るので1/4カットを3個入れます。ルウ1個全部入れてしまうとものすごく濃度が高くなって味も濃くなり過ぎるのでやめておきましょう(実体験より)。

 

f:id:mochi-mochi-kun:20180113223813j:plain

ルウを溶かしながら弱火でさらに10分程煮込みます。ここまで来たらあと少し!

 

⑦完成!

f:id:mochi-mochi-kun:20180113223901j:plain

野菜たっぷりのきのこチキンカレーが出来上がりました!

良い具合にとろみもついておいしそうです。

量的には3皿分なので、本日の晩ご飯と明日の朝ご飯の2食にします。ご飯は自分で炊いてもレトルトでもお好みでどうぞ♪

 

カレーの予算

カレーを作るために使った金額をまとめました。コンソメとジャワカレーはそれぞれ7と3で割った1回分に当たる金額です。

・コンソメ 16円

・ジャワカレー 90円

・鶏肉 328円

・しめじ 105円

・じゃがいも・玉ねぎ・人参 300円

787×(消費税1.08)=850円

 

なんと850円で2食分のカレーが作れちゃいます!

これだけ具沢山のカレーを外で食べるとしたら一体いくらかかるでしょうか?

ココイチなら500円台のプレーンカレーにやさい226円とチキンにこみ238円をトッピングして950円以上になるでしょう。

 

カレーの具材で摂れる栄養

・じゃがいも……ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB6、カリウム、マグネシウムなど

・玉ねぎ……ケルセチン、硫化アリルなど

・人参……βカロテン、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウムなど

・しめじ……βグルカン、ビタミンD、ナイアシン、リジンなど

 

じゃがいもってカロリーが高いので敬遠されがちな食材ですが、実はすごく栄養価が高いのです。流石は芋類。

カレーは美味しくて飽きないので自炊の主力になると思います。

これを読んでいる自炊をしない男子も是非一度作ってみてください。本当に簡単なので、栄養バランスやコストを考えたらきっと自炊にハマっちゃいますよ♪