美容男子の実直☆コスメレビュー

2017年1月運営開始。2018年5月現在月間30000PV。管理人は162cm 49kgの30台半ば。実年齢-5歳くらいに見られます。V系好きな影響でワイルドよりキレイになりたい男子。 制作会社勤務でメインは紙媒体のお仕事です。web知識も勉強中。 詳しいプロフィールはaboutページをご覧ください。

マルコメの甘酒『プラス糀』が最高におすすめな3つの理由

スポンサーリンク

この商品はレビューで9点以上獲得した殿堂入りアイテムです。

 

 私が健康と美容のために甘酒を飲み始めてから一年半以上が経ちました。

スーパーで美味しそうな甘酒を探し回ったり、ネットショッピングで評価の高いものを取り寄せたり、これまでに色々なメーカーの甘酒を飲んできました。

そして行き着いたのが現在リピートしているマルコメの「プラス糀 糀甘酒」です。美味しさ、飲みやすさ、続けやすさなど総合的に評価してこれが一番良いと思っています。

 

今回の記事では甘酒が大好きな私が「プラス糀 糀甘酒」を皆様にもおすすめしたい理由を語らせていただきます。 

まずは甘酒を飲むことで得られる健康・美容に良い効果についておさらいしておきましょう。

 

f:id:mochi-mochi-kun:20180201114444j:plain 

甘酒の栄養素

甘酒は人間が活動する上でエネルギーとなるブドウ糖を豊富に含んでいるため「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養価が高い食品です。

主に以下のような栄養素を含んでいます。

・ビタミンB1 ・ビタミンB2 ・ビタミンB6 ・ナイアシン ・葉酸

・食物繊維 ・オリゴ糖 ・アミノ酸(システイン・アルギニン・グルタミンなど)

・必須アミノ酸(バリン・ロイシン・イソロイシンなど)

 

市販の栄養ドリンクには疲労回復成分としてビタミンBやブドウ糖、商品によってはアミノ酸類が配合されてるので、甘酒はそれらの成分を含んだ天然の栄養ドリンクといえます。

 

 

甘酒の効能

疲労回復

体のエネルギー源となるブドウ糖の他、糖質をエネルギーに変換する作用があるビタミンBにより体力の回復を助けてくれます。

江戸時代から夏バテ対策に甘酒が飲まれていたという話も合理的だったのです。

美白効果

甘酒を作る麹にはコウジ酸が含まれています。コウジ酸はシミ・そばかすの原因となるメラニンの生成を抑える働きがあるので、甘酒を飲むことによってくすみのない明るい肌が期待できます。

コウジ酸は医薬部外品の美白化粧品にも配合されている成分でもあります。 

美肌効果

細胞の再生を促進するビタミンBは肌や髪、爪、粘膜などを作るのに重要な役割を果たす美容には必須のビタミンです。

また甘酒に豊富に含まれるアミノ酸は肌の主成分となるコラーゲンの原料にもなっています。肌本来のバリア機能や保湿力もアミノ酸が不足すると低下してしまいます。

ハリ・ツヤのある健康的な肌のためにもビタミンBとアミノ酸はしっかり摂っておきたい栄養素です。 

ダイエットに

甘酒のカロリーは100g中で約81kcalなので、けしてカロリーが低いとはいえないでしょう。そんな甘酒ですが実は置き換えダイエットに最適です。

豊富なブドウ糖がエネルギー源となり、ビタミンB群やアミノ酸類をバランスよく摂ることができる甘酒は十分に朝食の役割を果たします。

1食に置き換えるならコップ1杯分(200cc)程度が目安とされます。このくらいならカロリーも低く栄養価の高い理想的なダイエット食ですね。

整腸作用

甘酒に含まれるオリゴ糖は腸内で乳酸菌やビフィズス菌の餌となり、善玉菌を増えやすくします。豊富な食物繊維も便秘の解消に効果を発揮してくれます。

人体のほとんどの免疫細胞は腸内で生成されるので、腸内環境が整えられることによって、免疫力も向上します。「免疫力をUPして風邪にかかりにくくするにはヨーグルトや乳酸菌飲料が良い」と言われているのと同じ考え方です。

 

甘酒は栄養価が高くて健康・美容良い成分が豊富に含まれているスーパーフードなのです。是非とも食生活に取り入れたい米発酵食品ですね。

 

マルコメ プラス糀 糀甘酒 

f:id:mochi-mochi-kun:20180131235807j:plain

内容量:1000ml

価格:マルコメオンラインショップで6本入り 3500円(税込)

東急ストア店頭で1本 515円(税込)で確認。

原材料:米、米糀、食塩

 

栄養成分表(100mlあたり)
エネルギー・・・73kcal
たんぱく質・・・1.2g
脂質・・・0.1g
炭水化物・・・16.8g
ナトリウム・・・80mg
食塩相当量・・・0.2g
ショ糖・・・0g
アルコール・・・0%

 

マルコメといえば味噌を始めとする発酵食品の老舗。実は大豆だけじゃなく糀製品も作っているのです。

マルコメの「プラス糀 糀甘酒」は、米糀からつくったアルコール0%、砂糖を使っていない甘酒です。
米糀が持つ分解酵素の働きで、米のデンプンが糖化されて甘くなるため、自然で濃厚な甘みがします。

赤ちゃんでも安心して飲めるのが特徴です。

 

私も大好きでよくリピートしているマルコメの糀甘酒ですが、一体どのように優れているのか、その理由を見ていきましょう。

 

1. 米糀から作った自然な甘さ

甘酒の製法は主に二種類あります。ひとつは米を麹菌の力によって発酵させることによってデンプンを糖化させたもの。この製法は自然発酵によって甘みを得ているため砂糖を加えずに作るのが特徴。基本的に米麹から作る甘酒にはアルコールが入っていません。

もうひとつは酒粕を湯に溶いて砂糖を加えて作る甘酒。日本酒を製造する過程で残った酒粕は甘くないので、砂糖を加えることで甘みをつけています。酒粕にはアルコールが含まれているのでお酒が飲めない人は注意が必要。

 

森永製菓 甘酒 190g×30本

参考までに、誰もが知っている森永製菓の甘酒は酒粕+米麹で作っているのですが、その原材料は「砂糖、酒粕、米麹、食塩、酸味料」となっています。

マルコメのプラス糀は米糀を発酵させて作っているので、勿論砂糖は不使用です。

ちなみに私はアルコールと砂糖の入った酒粕甘酒否定派というわけではなく、酒粕タイプの甘酒も日本酒に近い風味が美味しいし、ビタミンB群や葉酸、ナイアシンが多いので好きです。米糀も酒粕もそれぞれの良さがあるので、どちらが優れているとも言えません。お好みで選びましょう♪

 

2. 酸味がなくてマイルドな口当たりが飲みやすい

発酵食品の甘酒には乳酸菌も含まれているので、甘い中にも酸味がするものが結構多いのです。物によってはヨーグルトっぽい風味がします。

特に家庭での手作り甘酒は、温度管理が上手くいかないと酵素が働かずに米のデンプンが糖化されないので、酸っぱくなることが多いみたいです。

でも甘酒に酸っぱさなんて求めないですよね。飲むヨーグルトじゃないのだから。欲しいのはまろやかでやさしい甘みです。

マルコメのプラス糀は酸味を一切感じさせないマイルドな口当たりなので、他の製品と比べても抜群に飲みやすいのです。

また、粒つぶが入っていないので飲み口がサラっとしています。甘酒=どろどろしていると考えていると印象が変わるかもしれません。

 

f:id:mochi-mochi-kun:20180131235802j:plain

少し茶色がかっているのはお米の繊維の色なのだそうです。

通常米糀の成分が沈殿しているので、注ぐ前によく振っておかないと分離された透明な液体が出てちゃいます。それだけだと味に深みがなくなるので注意です。

 

3. 値段が安いので続けやすい

市販の甘酒は高いものだと1L 800〜1000円以上する商品もあります。プラス糀の値段は店頭で購入してもネットショッピングで購入しても大体500円台です。これは甘酒としてはかなりお求めやすい価格帯です。

マルコメより安いのは前述の森永の甘酒かメロディアンの甘酒くらいだと思われます。両者とも酒粕甘酒になるので米麹甘酒の方がやや値段が高くなる傾向にあるようです。

メロディアン酒粕甘酒 1000ml×6本

 

マルコメ プラス糀 糀甘酒のおすすめの飲み方

甘酒の甘みはお米を発酵させた素材そのものの自然な味わいですが、ストレートで飲むとくどいと感じてしまうかもしれません。甘酒が苦手な人の大半が甘さが強すぎるというのが理由ではないでしょうか。

プラス糀はまろやかな風味で飲みやすいとはいえ、やはり糖度の高い味です。

 

そこで登場するのがこちら!

f:id:mochi-mochi-kun:20180131235754j:plain

私たちの食生活にとっても馴染み深い健康飲料といえば豆乳!

甘酒を飲むときはほぼ豆乳割りで飲んじゃってます。

 

f:id:mochi-mochi-kun:20180131235747j:plain

甘いのがお好みなら甘酒:豆乳=2:1。甘さを抑えたいなら1:1の割合がおすすめです。

ブレンドすることによって甘酒の甘ったるさ、くどさも豆乳の豆臭さも無くなるので癖がなくてたいへん飲みやすくなります。

ご存知のように豆乳は高たんぱくでイソフラボンやサポニン、レシチン、ビタミンB・E、カリウムなどの栄養を摂れるので甘酒と合わせることでスーパー健康ドリンクの出来上がりです♪

また、豆乳とブレンドすることで甘酒が長持ちするメリットもあります。豆乳は1L200円程度で買えるので甘酒よりリーズナブルです。

ストレートで飲んでいるとすぐに無くなってしまう甘酒が長持ちするようになるのは、コスパが良くてありがたいですね。

 

マルコメ プラス糀 糀甘酒の口コミ・評判

ネットでの口コミ・レビュー投稿を調べました。食品口コミサイトだけではなく@cosmeにも登録されているのですね。ちょっとビックリしました。 

 

「つぶつぶ感がなくて飲みやすい」

「甘酒を飲み始めてから肌の調子が良くなった」

「食塩の風味が強くて気になる。後味が良くない」

「どろどろしていなくて、サラっとしていて飲みやすい」

「無加糖なのに発酵のみでここまで甘くなるのがすごい!」

「自然な甘さなのに濃厚な味。夏場は氷を入れて飲んでも薄まらずに美味しく飲めた」

「レンジで温められるので便利」(125ml紙カートカンタイプ)

 

食塩が入っているのが嫌いな人は低評価を付けている傾向。私個人の意見としては食塩なしの甘酒と比べても特に塩味が気になったりはしませんでしたね。

サラっとして口当たりが良く、飲みやすいのは高評価のようです。甘酒特有の粒つぶとどろどろはない方が好まれるのでしょうか?

主にストレート、ホット、ミルク、豆乳割りなどで飲まれているみたいです。

 

マルコメ プラス糀 糀甘酒の種類と販売店 

CMも放映されている糀甘酒の取扱店は順調に拡大しているようで、成城石井からファミリーマート、サンドラッグなどで店頭に並んでいるのを見かけるようになりました。

味・サイズとも色々な種類があるので好みのものを試してみてください。

 

現在リピートしているのがこちらのタイプ。1000mlの大容量なので自宅用にピッタリ。コスパも抜群です。 

 

持ち運びに便利な紙カートカンタイプ。このままレンジで温められます。パッケージはピンクですが中身は変わりません。 

 

豆乳ブレンドも販売されています。甘酒の強い甘みが苦手な人におすすめです。 

 

 

おすすめ度:★★★★★★★★★

9点獲得!殿堂入り

飲料としてはカルピスと豆乳の次くらいにリピートしています。コスパ抜群だし特に欠点も見当たらないので、文句なし殿堂入り評価です!