美容男子の実直☆コスメレビュー

2017年1月運営開始。2018年8月現在月間40000PV。管理人は162cm 50kgで年齢はthe GazettEのルキと同じ。普通~やや混合肌。男はワイルドよりキレイが理想。 制作会社勤務でメインは紙媒体のお仕事です。web知識も勉強中。 詳しいプロフィールはaboutページをご覧ください。

『バルクオム 洗顔&化粧水』口コミレビュー ~成分や効果・評判をチェック!

スポンサーリンク

この記事ではメンズコスメ「バルクオム」の成分の詳細情報、実際にベーシックコース(洗顔+化粧水++乳液サンプル)を使用したレビューや、before/afterなどを掲載しています。

最終更新2018年8/25

 

 

メンズコスメで男も美肌に 

近年ドラッグストアやバラエティショップでも専用のコーナーが設置され、ラインアップも増えてきた男性用化粧品。

美容男子的にも世の男性がスキンケアに興味を持つのは素晴らしいことだと思います。やっぱり男だって顔も体も髪も汚いよりきれいが良いに決まっていますから。

 

そんなわけで今回は数あるメンズコスメの中でも非常に評価の高い「バルクオム(BULK HOMME)」をレビューしたいと思います。

私が男性用化粧品の記事を書くのは結構珍しいことかもしれません。

当ブログは美容男子がスキンケアや健康に関する情報を発信していくというコンセプトで運営しているので、特に男性向け・女性向けという区別はありません。ですので、これまでレビューしてきた製品も、女性に人気のアイテムの割合が多かったりします。

というかむしろ男性用化粧品ってあまり好みではないのです。

その辺に売っているメンズコスメはなぜか清涼感を出すためにアルコールが沢山入っていたり、メントールを配合していたりするので「そのクール感はスキンケアに必要な要素ではないのでは?」と常々思っていました。

しかし今回紹介する「バルクオム(BULK HOMME)」はそんな私でも惹かれるくらいの魅力を感じました。

 

メンズコスメ バルクオム(BULK HOMME)とは

f:id:mochi-mochi-kun:20180208205647j:plain

画像引用-バルクオム公式サイトより

2013年発売のメンズスキンケアブランド。「BULK」とは英語で「容器の中身」。「HOMME」はフランス語で「男性」を意味します。英語とフランス語の異なる言語からなるブランド名は世界中の男性の「ベーシックスキンケア」の答えを示し続けるという思いが込められているのだそうです。

バルクオムはAmazonスキンケアトライアルセットの売れ筋ランキング1位獲得、「Smart」の2016年ベストコスメにて化粧水部門1位、2017年ベストコスメにて洗顔部門1位を獲得するなど、メンズコスメの中でも高い評価を受け、確固たる地位を築いているブランドなのです。

 

バルクオムの値段

ドラッグストアで買える一般的なメンズコスメは1000円も出せばお釣りが来るので、それに比べるとバルクオムの値段は高価といえるでしょう。

 

基本3アイテムの値段

THE FACE WASH(洗顔) 100g 2,000円+税
THE TONER(化粧水) 200ml 3,000円+税
THE LOTION(乳液) 100ml 3,000円+税

バルクオムにはこの他にもフェイスマスク、日焼け止め、ボディウォッシュなどのアイテムがあります。 

 

普段からスキンケアに気を遣っている女性が買う商品としてはそこまで高くはないと思いますが、男性にとっては気軽に手を出せない値段かもしれません。

そこでおすすめなのが公式ショップのBASICコースの利用です。

f:id:mochi-mochi-kun:20180607185335p:plain

公式通販限定 BASICコース

 

BASICコースは洗顔+化粧水+泡立てネット+ボトルのセットを定期購入で初回6100円を91%OFFの500円で購入可能です。2回目以降も10%OFF(+送料500円)になるので継続してもずっとお得になります。

以前には定期コースは最低4回購入という縛りがあって、このシステムに対しては否定的な口コミも見られましたが、2017年9月より最低4回の縛りが撤廃され、購入者の意思で休止・解約が可能になりました。

これも自社製品に自信があるからこそできるのだと思います。

 

バルクオムは実店舗で東急ハンズやLoftで取り扱っています。店頭では基本的に定価なので、できるだけ安く買いたいならやはりBASICコースが一番お得です。

今回私が使用しているのもBASICコースの洗顔+化粧水のセットです。

 

バルクオム(BULK HOMME)BASICコースのセット内容

こちらは届いた現物の写真です。漫画は比較用。結構大きい箱です。

f:id:mochi-mochi-kun:20180210112838j:plain


開封すると以下の内容物が入っています。

・THE FACE WASH(洗顔)

・THE TONER(化粧水)

・THE LOTION(乳液サンプル)

・THE BUBBLE NET(泡立てネット)

・THE BOTTLE(化粧水詰替えボトル)

洗顔、化粧水の他に泡立てネットと化粧水の詰替え用ボトルが付いています。どちらも単体購入だとネットが600円、ボトルが500円なので、セットに含まれているのはかなり得した気分になれます。

それに加えて乳液2回分のサンプルも付いていました。せっかくなので化粧水とラインで使ってみたいと思います。

バルクオムの全ての品名にTHEを冠しているのは「これがメンズスキンケアのベーシックである」という意味が込められているのだそうです。

f:id:mochi-mochi-kun:20180210112826j:plain

初回セットにはマニュアルとスキンケアブックも同梱されています。

バルクオムの使用法だけでなく乾燥肌や脂性肌などの肌質、ターンオーバーについても詳しく解説されていてスキンケア初心者の男性にはかなり役に立つ情報が詰め込まれているんじゃないかと思います。

 

THE LOTIONのサンプル以外の総額を合計すると6100円になります。

初回限定とはいえこれが500円で送料無料は安過ぎですね。  

f:id:mochi-mochi-kun:20180210112822j:plain

 

バルクオム洗顔 THE FACE WASHの特徴と成分

「余分なものを落とし、必要なものは残す」というシンプルなコンセプトの“THE FACE WASH”。
濃密な泡のクッションで、洗顔時の摩擦をやわらげる「生石けん」に、余分な皮脂や汚れのみを洗浄し、潤い成分を残す「選択吸着機能」をプラス。

強力な洗浄成分を使っていないので肌への刺激が少なく、汚れを吸着して洗い落とすことができる洗顔料です。

 

<全成分>

カリ含有石ケン素地、水、グリセリン、ソルビトール、BG、クレイミネラルズ、ベントナイト、リンゴ果実培養細胞エキス、温泉水、ユズ果実エキス、チャ葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解シルク、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、グリセリルグルコシド、トコフェロール、キサンタンガム、レシチン、水酸化Na、グリシン、エタノール、フェノキシエタノール、香料

 

全成分を見てみると基本の洗浄成分は石けん素地のようです。一般的な洗顔フォームはほぼ合成界面活性剤が配合されているのですが、バルクオムはそれが不使用です。

そして「選択吸着機能」と謳われている成分は「クレイミネラルズ」と「ベントナイト」のことですね。

「クレイミネラルズ」はその名の通りミネラル分を含んだ泥です。クレイは吸着力が高く、汚れや古い角質を吸着して落としてくれるので洗顔料やパックにも用いられています。

「ベントナイト」は海底や湖の底などに堆積した火山灰や溶岩が変質した粘土のような天然の鉱物で、クレイ同様に吸着力が高い成分です。

石けん素地+クレイ+ベントナイトを主な洗浄成分として、保湿・整肌成分が配合されたTHE FACE WASHは品質・安全性とも高い洗顔だといえます。

 

バルクオム化粧水 THE TONERの特徴と成分

一見皮脂が多いように思われるが、実は水分が少なく乾燥しやすい男性の肌のために作られた“THE TONER”。

角質層のすみずみに潤い成分を浸透させ、その潤いを保つ「トレハロース」を配合。潤いを与えて保湿する低刺激化粧水です。

 

<全成分>

水、BG、グリセリン、トレハロース、リンゴ果実培養細胞エキス、温泉水、ユズ果実エキス、チャ葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解シル ク、グリセリルグルコシド、1,2-ヘキサンジオール、キサンタンガム、レシチン、PEG-60水添ヒマシ油、水酸化Na、グリシン、エタノール、フェノキシエタノール、香料

 

THE TONERは水分の補給と保湿に優れた成分を配合した化粧水となっています。

日本最古の美肌の湯として知られる出雲の「玉造温泉水」が肌の角層のすみずみまで水分を補給してくれます。

保湿成分として配合されている「グリセリルグルコシド」はナミブ砂漠にある復活の木と呼ばれる「ミロタムヌス」の葉が持つ成分として知られています。一見枯れた植物のように見える復活の木に水を与えると数時間で青々とした緑の葉に戻ります。その機能を担っているのが「グリセルグルコシド」です。

「トレハロース」も高い保水力と細胞保護効果持った天然成分です。一番分かりやすいのが乾燥シイタケ。水に浸すと元に戻るのは「トレハロース」の力です。

PEG-60水添ヒマシ油は水分と油分を混ぜ合わせる界面活性剤の役割ですが、目薬にも配合されている成分なので肌への毒性・刺激性はほとんどないとされています。

あとは市販の商品には大抵入っている防腐剤としてのフェノキシエタノール、そして香料が含まれているくらいで、THE TONERは敏感肌でも使える低刺激で安全性の高い化粧水だといえます。

 

バルクオム(BULK HOMME)の共通7成分

バルクオムは「本来肌が持っている機能を取り戻す、水分バランスの悪い男性の肌に効率良く潤いを与える、潤いを与えた肌の水分を守る、紫外線や乾燥などの外部刺激のダメージから肌を守る、低下したバリア機能を取り戻す、過剰な皮脂分泌を抑える、紫外線や乾燥などのダメージを改善する」という7つの機能を目的に研究開発されました。

そして行き着いた以下の7種類の素材を全商品の共通美容成分として配合しています。

 

・リンゴ果実培養エキス(保湿・整肌)

・温泉水(保湿)

・グリセルグルコシド(保湿)

・加水分解シルク(保湿)

・チャ葉エキス(整肌)

・ユズ果実エキス(整肌)

・セイヨウシロヤナギ樹皮エキス(整肌)

 

特に注目したいのは前述の復活の木の生命力の源となる成分「グリセルグルコシド」と、蚕の繭を加水分解して抽出される「加水分解シルク」は肌の天然保湿因子となるアミノ酸を豊富に含んでいます。

そしてリンゴ果実培養エキス。これは最近何かと話題の「リンゴ幹細胞エキス」のことですね。

人間の細胞は体内の活性酸素の作用により酸化=老化して衰えていってしまいます。空気に触れたリンゴが変色していくのも酸化現象です。

スイスには収穫から4ヶ月経っても腐らないという、「奇跡のリンゴ」と呼ばれるウトビラー・スパトラウバーというリンゴがあります。自己再生能力と非常に高い抗酸化力を持つ希少な品種です。

近年ではこのウトビラー・スパトラウバーの幹細胞を人工培養して抽出したエキスを配合した化粧品が日本でも発売されるようになりました。勿論、バルクオムに含まれるのも奇跡のリンゴの幹細胞エキスです。

f:id:mochi-mochi-kun:20180210130457j:plain

 

バルクオム 洗顔と化粧水の口コミ・評判

バルクオムのネットでの口コミや評判をまとめました。

THE FACE WASH(洗顔)の口コミ

@コスメ:7点中5.5点 Amazon:5点中4.2点

「少量でもっちりした泡ができる。洗い上がりがすっきりしている」

「使用感が良いが、コスパを考えるとリピートは悩む」

「女性が使っても文句なしの生石けんの泡立ちの良さ。毛穴の開きが目立っていたのが改善された」

「彼氏にプレゼントしたら絶賛された」

「どろあわわより安くて良い」

「三日間の使用でニキビができなくなった」

「パウチっぽいパッケージで適量を出すのが難しい」 

THE TONER(化粧水)の口コミ

@コスメ:7点中4.2点 Amazon:5点中3.8点

「浸透が早くて肌に入っていく感覚は良かったが、さっぱりめで乾燥肌には物足りない」

「ほんのりさわやかな香りが好み。翌朝の肌がプルンとして調子が良い」

「べたべたしなくて良い。口周りのかさつきが改善された」

「浸透力があり、コットンに含ませて使用すると肌がふっくらやわらかくなる」

「容器から直接出すとどばどば出てしまうことがある」

「パウチ容器が使いにくい。ボトルに詰め替えた方が良い」

「ひげそりの後もヒリヒリすることなく使用できる」

 

洗顔は女性ユーザーの多い@コスメで高評価でした。後述しますが、弾力のあるもっちり泡ができるので女性が好みそうだと思いました。

化粧水は少し評価が分かれている傾向です。べたつきが嫌な人はさっぱりして良いと感じるが、もっと肌表面での保湿力が欲しい人は物足りないと感じているようです。

 

ちなみにAmazonで1点を付けている人は定期コースへの文句ばかりで商品内容のレビューになっていません。

純粋にどんな商品か知りたくて口コミを見ているわけですから、ショップと商品の評価を混同しないでもらいたいものです。

なので実際の商品自体の評価としてはもう少し平均点が高いかもしれません。

 

パッケージがしょぼい?

低評価の中には「パッケージが簡素過ぎる」という投稿もありました。確かに無印っぽいシンプルさではありますが、バルクオムのコンセプトに「本質主義」というのがあって、容器のコストを抑えることによって良いものをできるだけ安く提供しようという考えなのです。

大手メーカーの化粧品の場合、容器だけでなくTVや各種メディアに広告をバンバン出すので、実は化粧品の原価は大したことなくても広告費が商品の値段に含まれています。

実際バルクオムの成分を見ると、同価格帯の化粧品と比べても間違いなく高品質です。

 

バルクオム 洗顔と化粧水を使ってみた効果とレビュー

f:id:mochi-mochi-kun:20180210112818j:plain

洗顔 THE FACE WASH

10円玉大を取ってBASICコースの初回付属の泡立てネット(THE BUBBLE NET)で泡を作ります。泡立てネットを使ったことがないという男子は公式のYouTube動画もあるのでご覧ください。よく分からなかったらとりあえずお湯を少し足してこねておけば何とかなりますw 

f:id:mochi-mochi-kun:20180210113026j:plain

泡立ちが良いのでこの写真くらいの量でも顔全体をしっかり覆う泡を作ることができます。

f:id:mochi-mochi-kun:20180210113023j:plain

弾力のあるもこもこ泡ができました。きめ細かくもっちりしていて、この感触は女子でもきっと好きなんじゃないかなと思います。実際にバルクオムの洗顔は女性にも評判が良くて@コスメの口コミでも高評価を得ていました。

f:id:mochi-mochi-kun:20180210113017j:plain

この通り。逆さにしても落ちません。

 

THE FACE WASHはもこもこ泡を顔に乗せて手と肌の間のクッションのように洗うので、摩擦による刺激がありません。

クレイとベントナイトが汚れを吸着してくれるため、洗浄成分として強い合成界面活性剤が入っていないのでお肌にもやさしい処方です。アルカリ性の洗顔石鹸を何日も使っていると肌が赤くなったり、ヒリヒリしてくることがある私が継続使用しても問題ありませんでした。敏感肌の方でも安心して使えると思います。

香料は入っているようですが、香りは微香っていうよりほぼ無臭に感じました。

 

洗い上がりの肌はさっぱりツルツルです。ただ、ちょっとつっぱっているような感覚があります。肌がつっぱる=水分・油分が減っているということなので、THE FACE WASHはそれだけ脱脂力が高いのだと思います。

でもメンズにもこれくらいさっぱり感があった方が好まれるかもしれませんね。

なので、洗顔後はできるだけ早く化粧水をつけて保湿することが大事です。肌の水分と油分が減った状態は乾燥によるダメージを受けやすくなります。

 

f:id:mochi-mochi-kun:20180210112814j:plain

化粧水 THE TONER

化粧水の容器はパックになっています(コストを落として成分を充実させて、価格を下げるためだと思われます)。このウイダーインゼリーみたいな容器はネットの口コミでも使いにくいと不評なので、BASICコースで初回に付いてくるボトルに移してしまうのがおすすめです。

東急ハンズやLoftで化粧水のみ単品購入だと別売りのボトルは付いてこないので、がんばってパックのまま使うか無印やダイソーで化粧水用の容器を調達してくると良いでしょう。

 

THE TONERは無色透明で少しとろみがあるテクスチャです。香りは仄かなフローラル。メンズにはローズやベリーの甘い香りよりこれくらいが丁度良さそうですね。

使用量の目安は500円玉程度。1回で全部手に取るのではなく2〜3回に分けて顔になじませていくのが推奨されています。

よくあるメンズコスメのような「メントールのスーッとした清涼感」みたいなのはありません。本当にスキンケアに必要な成分だけ入っている化粧水です。

 

浸透力の高さを謳っているだけあって、しっかり肌になじんでくるような感覚があります。

成分的に油分がほとんどないので肌表面でべたつくということはありません。化粧水を塗りたくない男性はべたつくのが嫌いな傾向にあるので、このさっぱりとした使用感は確かに男性向けといえます。

肌にやさしい処方で刺激もないので、シェービング後の傷んだ肌を整えるのにも最適です。

 

逆にさっぱりしている分、保湿力にはちょっと不安を感じます。特に乾燥しやすい冬の時期は男性でも上から乳液やクリームを塗って蓋をした方が良いでしょう。バルクオムに限らず化粧水だけしか使ってないと肌表面の水分が蒸発して気化してしまいますよ。

 

f:id:mochi-mochi-kun:20180210113014j:plain 

乳液 THE LOTION(サンプル)

2gのサンプルが2包付いてきたので、せっかくなのでこちらもレビューします。2回分と記載されていますが、伸びが良いので1包で朝晩、計2日分使えます。

一般的に「ローション」といえば化粧水で、乳液は「ミルク」や「モイスチャー」と呼ばれることが多いのですが、バルクオムの「THE LOTION」は乳液なのでお間違えなく。

f:id:mochi-mochi-kun:20180210113008j:plain

乳液なので油分として※スクワランが入っているのが特徴ですね。手に取っている量がちょうど1包の半分くらいですが、これで十分顔全体をカバーできました。

乳液のべたつきが嫌いな男性も多いと思われますが、THE LOTIONも化粧水同様にさっぱりしていて一切べたべたしません。テカったりもしないので、オイリー肌の人に相性が良いと思います。

 

この乳液は化粧水で潤った肌を守ってくれるという感じですね。化粧水の保湿力に不安を感じると書きましたが、乳液と併用することで全く問題なさそうですね。

標準的な乳液と比べてさっぱりタイプに分類されるので、乾燥が気になる箇所には多めに塗るといった工夫をしていくとより効果を発揮してくれると思います。

 

※スクワランとは主にオリーブやサメなどから抽出したオイルです。元々肌の中にもある成分で、肌の表面で皮脂膜となり乾燥や外部刺激から守ってくれます。たいへん肌なじみがよく安全性の高い成分なので、化粧品の原料として広く使われています。

 

バルクオム総評 ~成分・効果・口コミ・評判~

結論からいえばバルクオムはとても品質が高い化粧品です。

成分的にも肌に必要なものを配合し、刺激になるものを極力カットしているので、敏感肌でも安心して使用することができます。

化粧水、乳液とも微香性でべたつかず、男性が使いやすいというコンセプトを重視して作られていると感じました。

洗顔は弾力のあるもこもこ泡で洗うのが気持ち良いので、女子が使ってもきっと満足できるでしょう。

 

ニキビには効果あり?

巷ではニキビに効くor効かないというさまざまな意見を見かけますが、私個人の意見としてはニキビに効果があると思います。

ニキビができるのは毛穴に皮脂や汚れが詰まることで、そこに脂を好むアクネ菌が入り込んで、内部で炎症を起こしてしまうのが原因です。

THE FACE WASHはクレイとベントナイトの吸着力で皮脂や汚れ、古い角質を落とすので肌を清潔に保つことでニキビを予防することができます。

また、人間の肌は乾燥していると過剰に皮脂を分泌させようとする働きがあります。これが乾燥するのに皮脂が出て毛穴が詰まってしまう原因なのです。

THE TONERは角層まで水分を届け、潤いを維持する機能があるので過剰な皮脂分泌を抑えられます。

 

バルクオムでスキンケアをすることで、肌の環境をすこやかに整えて、その結果ニキビの予防に繋がると考えられます。

バルクオムは医薬品ではないので殺菌成分・消炎成分などは入っていません。すでに出来てしまったニキビを治すには化粧品ではなく、症状に合った対症療法を行ってください。

 

ちなみに私はよくヒゲを抜いていますが、そこから毛穴に雑菌が入ってしまったりで、口周りにニキビができやすくなってしまいます。バルクオムでの洗顔&保湿で今のところニキビはできておりません。 

 

バルクオムの効果 before/after

1ヵ月間洗顔と化粧水を継続しての変化を見てみます。

この期間のスキンケアの方法は

バルクオム洗顔→ブースター→バルクオム化粧水→美容液→マカダミアナッツオイル

洗顔含めて以上の5STEPです。バルクオム以外のスキンケアに関してはこの1ヵ月で前後で特に変更はしていません。

 

before

f:id:mochi-mochi-kun:20180305231313j:plain

 

after

f:id:mochi-mochi-kun:20180305231307j:plain

まず申し上げないといけないのですが、afterを撮影する数日前にサロンで美容鍼を打っているので、その効果が出ているかもしれません。

なんだか全体的に疲れていてほうれい線やゴルゴ線が目立つbeforeに比べてafterの方が健康的なふっくら感がありますが、おそらくこれは美容鍼の効果だと思われます。

バルクオムの効果をそれ以外の部分で見ていくと、鼻の黒ずみが取れているので洗顔がしっかり毛穴汚れを落としてくれていると考えられます。

また、肌がワントーン明るくなり、透明感も増しているように見えます。

1ヵ月前に比べると肌の水分量も増えている感覚があり、コンディションは良くなっています。

 

バルクオムはこんな人に向いている

バルクオムは肌質を問わずに使用できます。べとつかないのに保湿成分がしっかり潤うので混合肌・乾燥肌・脂性肌とも快適に使えます。乾燥肌の場合は乳液も含めてのライン使いがおすすめです。特に乾燥しやすい冬は、化粧水で角層に水分を届けたあとに乳液の油分で肌表面に蓋をするケアが効果的です。

バルクオムは洗顔・化粧水・乳液とも刺激がないので敏感肌ともたいへん相性が良いです。「安いクール系のメンズ用の洗顔や化粧水でヒリヒリしてしまう」という敏感肌の方には是非バルクオムを試してもらいたいです。

メンズコスメというくくりではありますが、リンゴ幹細胞エキスや復活の木など配合されている成分も高品質で女性が使っても全然OKだと思います。

また、家族や彼氏へのプレゼントにもありではないでしょうか。肌荒れに悩んでいるときにバルクオムをプレゼントされたら「オレのこと考えてくれてるんだなー」ってきっと感心されるはず(^ω^)

ギフト用には↓のようなプレゼント袋付きで購入することもできます。

f:id:mochi-mochi-kun:20180825221028j:plain

※公式サイトで購入時に入力画面で「ギフトラッピング」にチェックを入れます。

 

評価

おすすめ度:★★★★★★★★★

9点獲得!殿堂入り

バルクオム良いです!

特に洗顔がお気に入りです。強い洗浄成分を配合せず肌への刺激が少なく、しっかり皮脂や汚れを吸着して落としてくれる。私が洗顔フォームに求める要素を完全に満たしています。

価格は確かにメンズコスメとしては高級ですが、2000円くらいの洗顔は普通にありますし、化粧水と乳液が3000円というのも女性向けのカウンセリング化粧品に比べれば安いので、品質自体が良いので自分的にはそこまで高いとは感じません。

普段その辺で売っている安いメンズコスメを使っている人がバルクオムに変えたら、一気に肌質が変わるくらいの効果を実感できると思います。
 

バルクオム(BULK HOMME)を購入・最安値は?

バルクオムの単品購入の価格をおさらいしてみましょう。 

THE FACE WASH(洗顔) 100g 2,000円+税
THE TONER(化粧水) 200ml 3,000円+税
THE LOTION(乳液) 100ml 3,000円+税

基本となる洗顔、化粧水、乳液をラインで揃えるなら8000円~が予算です。

これを最安で買う方法は公式通販のBASICコースの利用です。 

f:id:mochi-mochi-kun:20180607185335p:plain

公式通販限定 BASICコース

 

BASICコースは洗顔+化粧水+泡立てネット+ボトルのセットを定期購入で初回6100円を91%OFFの500円で購入可能2回目以降も10%OFF(+送料500円)。

このBASICコースにさらに乳液をプラスした3ステップコースというのも用意されています。

こちらはTHE LOTION(乳液)と乳液用ボトルが付いて9500円→2,380円(74%OFF)となります。

尚、公式オンラインショップで購入する場合、Amazonのアカウントがあれ氏名・住所など面倒な個人情報の入力が不要です。これは楽で良いですね。

 

メリットしかないように思えるBASICコースの気になる点を以下にまとめてみました。

 

●必ず定期購入になる?

BASICコースは定期購入前提ですが、購入者の意思で休止・解約が可能です。以前は最低4回購入の縛りがありましたが現在は撤廃されました。

ただし、初回限定だけ貰って2回目を解約しようとするとキャンセル料がかかりますよ。

 

●化粧水200mlって1ヵ月で使い切れる?

美容液や乳液を使わない人なら化粧水を重ねづけすると丁度良いと思われます。しかし普通に使っているとおそらく余るでしょう。

そんなときは配送サイクルの変更が可能です。2回目の30日と60日を選択できるので、ご自身のペースに合わせると良いでしょう。

 

 

公式オンラインショップはこちら

 

「洗顔だけ」または「化粧水だけ」Amazonでも単品購入可能です

BULK HOMME THE FACE WASH 洗顔料 100g

バルクオム THE TONER 高保湿化粧水 200mL【低刺激】