美容男子の実直☆コスメレビュー

2017年1月運営開始。2018年8月現在月間40000PV。管理人は162cm 50kgで年齢はthe GazettEのルキと同じ。普通~やや混合肌。男はワイルドよりキレイが理想。 制作会社勤務でメインは紙媒体のお仕事です。web知識も勉強中。 詳しいプロフィールはaboutページをご覧ください。

Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイトはどっちがおすすめ?三ヵ月間の成果を比較!

スポンサーリンク

f:id:mochi-mochi-kun:20180410185108j:plain

Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイト

この記事は2018年5/23に加筆しています。

ブログやメディア系サイトでよく利用されている物販系ASPといえばAmazonアソシエイトと楽天アフィリエイトが特に有名ですね。

元々の利用者が多いAmazonと楽天なので、メーカー通販やサービスへの新規登録が必要なアフィリエイトに比べて成約までの敷居が低く、初心者にもおすすめと言われるこの二つ。

これからブログに広告を設置しようと考えている方、またはすでに運用している方の中でも「Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイトはどっちが稼げるの?」という疑問があると思います。

ブログ運営1年と3ヵ月という初心者に毛の生えたような経験値の管理人ですが、今まで試行錯誤して得た知識とそれぞれのASPを比較した結果を軸に、どちらがおすすめなのか見解を語ってみたいと思います。

 

※Amazonアソシエイトを始めるためには審査に合格する必要があります。1000文字以上の真っ当な記事が20もあればほぼ通るので、まずは審査に受かることがスタートラインです。

これに落ちるようなサイトではたとえ広告を設置したとしても、うまい棒かブラックサンダー、がんばってカップラーメンが買えるくらいの収益が関の山。まずはサイトのコンテンツを充実させることに全力を尽くしましょう。

 

Amazonアソシエイトと楽天アフィエイトの基本情報

webサイトに商品リンクを貼って、それが売れると紹介料として報酬が発生するという基本システムはAmazon・楽天とも同じですが、その利率や購入までの有効期間などには差があります。

  Amazonアソシエイト 楽天アフィリエイト
報酬利率 基本2〜10% 基本1%
クッキー有効期間 24時間 30日(モバイルは7日)
報酬受取方法 Amazonギフト券/銀行振込 楽天ポイント/ 楽天キャッシュ

 

報酬利率はAmazon

Amazonの紹介料は下記のように商品のカテゴリーによって異なります。

f:id:mochi-mochi-kun:20180410154526p:plain

出展-Amazonアソシエイトへようこそ - アソシエイト・プログラムとは?

0%に設定されているのはAmazonの提供するネットスーパーのAmazonフレッシュや、いつでもどこでもポチっと押すだけで登録商品を注文できる↓のAmazon Dash Buttonです。

ウィルキンソン Dash Button

亀田の柿の種 Dash Button

これらの商品は一年以上Amazonアソシエイトをやってきて一度も注文されたことがないので、特に気にすることはないでしょう。あとビデオというのはおそらくVHSのことですね。映像作品を見たい人はDVDやブルーレイを購入するでしょうから、こちらもほぼ影響なし。

紹介料率0.5%と低く設定されているフィギュアも、フィギュア専門サイト以外のリンクから購入されることは滅多にありませんので、一般サイトならこちらも影響なし。

実質2%〜がAmazonアソシエイトの紹介料率と考えて良いでしょう。

ちなみにうちのような美容ブログに該当するカテゴリーのドラッグストア・ビューティー用品・コスメは料率5%。食品・飲料・酒は8%。美容や健康系のサイトとAmazonアソシエイトとの相性は非常に良いといえます。

 

一方の楽天アフィリエイトは基本的に1%です。ショップによっては5%だとか10%という高い料率もあります。また、自身のランクによって料率が上昇することもあります。このランクはアフィリエイトでの成果が増えるほど上昇していきます。最初はDからスタートして最高はS。ちなみに私は現在Cですが、料率は相変わらず1%でDの頃と変わっておりません。。

料率だけ見るとAmazonの方が圧倒的に稼げそうだと思われますが、楽天にも大きなメリットがあります。

 

クッキー有効期間の長さは楽天

クッキー(Cookie)というのは、焼き菓子やマリオで空中をぐるぐる回っている敵のことではありません。ユーザーの端末が記録している閲覧情報のことです。

たとえばAさんのサイトからAmazonのリンクをクリックしたという情報はユーザーのPCやスマホなどの端末のクッキーに記憶され、商品が購入された場合はAさんに報酬が支払われます。

クッキー有効期間内であれば、リンクからの直接購入でなくとも紹介料が発生します。たとえばユーザーが一度ブラウザを閉じてから検討の末にAmazonに再訪して購入した場合でもAさんが商品を紹介したと判定され、紹介料が発生します。

このクッキー有効期間はAmazonの24時間に対して楽天は30日と圧倒的に長いです。

Amazonの場合はクリックされても、すぐに買ってもらわないと無駄になってしまいますが、楽天は30日間ユーザーが商品を購入してくれる可能性があるのです。

但し、ユーザーがAさんのサイトで楽天のリンクをクリックした後にBさんのサイトでも楽天のリンクをクリックするとクッキーが上書きされて、成果が発生してもBさんの手柄になってしまいます。単純に30日間ならOKというわけでもありませんので注意。

 

サイトからリンクを貼っていない商品の購入でも報酬が発生する!

実はAmazon・楽天とも自分でリンクを貼っていない商品が売れても報酬が発生するのです。

どういうことかというと、Aさんのコスメ情報サイトを訪れたユーザーが資生堂の化粧水の商品リンクをクリックしました。しかしユーザーは結局資生堂の化粧水を買いませんでしたが、代わりにKOSEの化粧水を買ったとします。

その場合クッキーにAさんのサイトから訪れたという情報が記憶されているので、KOSEの化粧水の売り上げもAさんに紹介料が発生するのです。

うちも自前のリンク以外の商品が売れていることの方が多いで、このシステムの恩恵を預かっています。最初は全然関係ない商品が売れていてビックリしましたけどねw

楽天のクッキー有効期間の長さがこれと相性が良く、クリック数さえ増えればユーザーが何かを買ってくれて収益発生という期待がグンと高まります!

 

報酬の受取方法

Amazonは500円以上でAmazonギフト券での支払い。5000円以上で規定の手数料を払って銀行振込で受け取れます。

楽天は毎月楽天ポイントでの支払いとなります。月額3000円以上の報酬でオンライン電子マネーの楽天キャッシュでの受け取りに変更可能。

一応銀行振込で受け取ることもできますが、その場合は審査が必要で5000円以上の報酬を3ヵ月継続することが条件となります。手続きも面倒だし、何より5000円以上の報酬を稼ぐには50万円以上売らないといけないので、楽天での現金化への道のりはかなり難度が高いと思われます。

 

私は今のところAmazonギフト券と楽天ポイントで受け取っています。コンタクトやサプリメントなど元々ネットで購入することが多いので、報酬のポイントはそれに当てています。

ポイントがあれば「何か買わなきゃ」という気分にさせられてしまいますが、無理な買い物をせず必要なものだけ買っていれば現金でなくても特に不便は感じません。 

 

Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイトを同時に設置する

Amazonユーザーはあなたの紹介した商品に興味を持っても楽天のリンクしか貼られていなかったら自分でAmazonで商品を検索するでしょう。逆もまた然り。楽天ポイントを貯めているユーザーなら楽天を最優先で利用したいはずですから。

どちらかのリンクしか使っていなければそれによって購入してもらえる機会を逃してしまうこともあります。ただ、両方のリンクをいちいち貼るのもなんだかしつこい印象を与えかねません。

 

そこで行き着いたのが「カエレバ」です。これは簡単に言えばAmazonと楽天の商品リンクを同時に貼るタグを作成するツールです。

「カエレバ」を使えばこのような商品リンクを貼ることができます。

 

他サイトでもこんなリンクを見たことがありませんか?

Amazonと楽天のボタンが表示されているので、ユーザーは普段自分が利用しているショップで商品を購入することができます。

これによってAmazonをメインにしているユーザー、楽天をメインにしているユーザーの買い逃しを防ぎ、成果が発生する可能性が高くなります。

私もブログ2年目の2018年になってから「カエレバ」導入後に相乗効果で両方とも収益が増加しました。是非おすすめしたいと思います。 

カエレバ公式サイト

 

三ヵ月間で収益が多かったのはどっち!?

「カエレバ」を導入したことによりAmazon・楽天とも全く同じ条件下になりました。2018年2月〜4月に発生した成果を元に両者を比較してみましょう。

 

2018年2月 
  Amazonアソシエイト 楽天アフィリエイト
クリック数 562 170
売上件数 59 28
売上金額 103,255 124,165
成果報酬 4,204 1,229
2018年3月 
  Amazonアソシエイト 楽天アフィリエイト
クリック数 509 163
売上件数 52 32
売上金額 78,714 280,016
成果報酬 3,471 2,785
2018年4月 
  Amazonアソシエイト 楽天アフィリエイト
クリック数 485 178
売上件数 49 42
売上金額 59,663 206,074
成果報酬 3,373 2,038

 

ずいぶん極端な差が出ましたね。ではさっそくそれぞれの項目を分析していきましょう。

 

クリック数 &売上件数

Amazonの方が圧倒的に多くなっています。これは単純にAmazonの方が利用者が多いのと、カエレバの設定で画像リンクをAmazonから使用するようにしているので画像・品名をクリックするとAmazonに飛ぶようになっているからです。

しかしクリック数が売上に直結しているかというと微妙。

Amazonはクッキーの有効期間が24時間しかないので、クリック数ほどの成果は見込めませんね。逆に楽天はすぐに商品が購入されなくても長い有効期間の中で後から売れているようです。

 

売上金額

意外なことに売上件数の少ない楽天の方が金額が大きくなっています。

売れた商品を見ているとAmazonは洗濯洗剤とか衛生用のマスクだとか、安い日用品をまとめ買いしているユーザーが多いという傾向が見えてきます。

それに対して楽天は高額商品がよく売れています。楽天アフィリエイトの管理画面で確認できるのは成果のあったショップのみで、売れた商品が何なのか詳細までは分かりませんが、高級コスメやファッション系のショップで売上が発生しているのが確認できました。

また、楽天トラベルもアフィリエイトの成果対象になっているので、ときどきビックリするような売上が発生していることがあります。3月には楽天トラベル1件で7万円以上の売上がありました。

うちでは一切楽天トラベルのリンクは貼っていないので、ラッキーというか天の恵みだと思っています。

 

成果報酬

売上では楽天の圧勝なのに成果報酬はAmazonが倍近い数値を叩き出しています。これが紹介料率の差ですね。

Amazonの二ヵ月間の売上が181,969円で、成果報酬が7,675円なので計算すると平均の料率は4%となっています。

これは基本1%の楽天の4倍。クリック数に対しての成果発生率が少なかろうが、売上が低かろうがこの差が非常に大きい。

特にうちのような美容ブログは料率5%のドラッグストア・ビューティー用品・コスメが主力なので、やっぱりAmazonとの相性が良いのを実感しました。

 

まとめ

Amazonはクッキー有効期間の24時間以内に購入してもらわないといけないので、ただリンクを貼るだけではなく、すぐに商品を欲しくなる文章力も要求されます。

楽天は購入まで長い猶予があり、クリックさえしてもらえれば何らかの成果が発生する可能性があります。ときどき高額商品や楽天トラベルが売れるというラッキーもあり。初心者には有利かもしれません。

二ヵ月間比較した結果は売上金額は楽天の方が高かったですが、報酬はAmazonに軍配が上がりました。

両者ともメリット・デメリットがあります。どちらが良いのか結論を言えばブログのジャンルにもよりますが、料率重視でAmazonです。利用者数も年間の総売上もAmazon>楽天となっているようですし。 

一番おすすめなのは 「カエレバ」を導入して両方とも生かす。私はこれが最良だと思っています。