美容男子の実直☆コスメレビュー

2017年1月運営開始。管理人は162cm 50kgで年齢は1980年代生まれ(the GazettEのルキと同じ)。普通~やや混合肌。Web受験の化粧品検定3級に合格し、2級を目指す。制作会社勤務でメインは紙媒体のお仕事です。 詳しいプロフィールはaboutページをご覧ください。

【春限定】『BOTANIST(ボタニスト)ボタニカルブルーム』口コミレビュー

スポンサーリンク

美容ブロガーの桜餅です(ノ)・ω・(ヾ)

 

今回は久しぶりにシャンプーの解析&レビュー記事を書きます。

お題は、おそらく日本のボタニカルシャンプーで一番有名であろう「BOTANIST

(ボタニスト)」の、2019年春の新商品「ボタニカルブルーム」シリーズです。

 

ボタニカル(botanical)とは

「植物由来」という意味で、一般的にボタニカルシャンプーやボタニカル化粧品と呼ばれるものは植物成分を含んだ製品を指します。

しかし日本ではボタニカルの明確な定義がないので、0.1%でも植物由来の成分が入っていればボタニカルと表記することができます。必ずしもボタニカル=ナチュラル=肌にやさしいとは限りません。

ボタニカルを謳った製品を買うときは、しっかり成分を吟味して本当に肌に良いものを選びましょう。

結論から言うと「ボタニスト」は良質なボタニカルシャンプーです。

 

 

【春限定】ボタニスト ボタニカルブルームとは

f:id:mochi-mochi-kun:20190306230138j:plain


初桜、夜桜、葉桜、満開の桜の情景をイメージしたダブルフレグランスと仕上がりの2019年春限定アイテム。 

花粉・UV・寒暖差などの春特有のダメージから髪を守り、潤いとツヤを与えるボタニカルスプリングバリアコンプレックス配合。

 

「ボタニカルスプリングバリアコンプレックスとは何ぞや?(´・ω・`)」

と思って公式情報を確認したところ、どうやら保湿成分として配合されているサトザクラ花エキス・ワサビノキ種子エキス・マグワ根皮エキス・ボタンエキスのことを指すようです。

なるほど。植物由来の補修成分が入っているのが「ボタニスト」との特徴ですが、「ボタニカルブルーム」は通常の製品に比べて和の植物成分を多く配合しているのですね。

 

ボタニカルブルームシリーズは3タイプ

季節限定アイテムなのに3種類も!

メーカーの気合いの入れ様が伝わってきます。

 

スムース【初桜】

f:id:mochi-mochi-kun:20190306164849j:plain

さらさらタイプ

シャンプー:サクラとピーチの香り

トリートメント:サクラとホワイトストロベリーの香り

 

モイスト【夜桜】

f:id:mochi-mochi-kun:20190306164846j:plain

しっとりタイプ

シャンプー:サクラとカシスの香り

トリートメント:サクラとブラックベリーの香り

 

ダメージケア【葉桜】

f:id:mochi-mochi-kun:20190306164851j:plain

ダメージケアタイプ

シャンプー:サクラとチェリーの香り

トリートメント:サクラとラズベリーの香り

 

ちなみに「ボタニカルブルーム」にはボディケアラインも存在します。

こちらはボディソープ、ボディジェル、ハンドクリームの3種とも満開の桜をイメージしたサクラとローズの香りとなっています。

 

 

お店に香りサンプルがあったので全部嗅いでみましたが、香りはどれも桜ベースなので、あまり違いが分かりませんでした。

強いて言えば

スムース:マイルドでやわらかい。一番桜っぽい

モイスト:ベリー感が強い

ダメージケア:フルーティー

こんな感じですが、ピーチとかカシスとか名称による先入観も入っているかもしれません。

香りの系統には大差ないので自身の髪質に合ったものを選ぶのが良いと思います。

私は前髪にまとまりを出したいのでしっとりタイプのモイストを買いました。

さらさらが良ければスムース、パーマやカラーでの傷みが気になるならダメージケアをおすすめします。

 

ボタニスト ボタニカルブルームの特徴と成分解析

f:id:mochi-mochi-kun:20190307134314j:plain

メーカー:I-ne

内容量:490ml

価格:1512円(税込)

※ボタニカルブルームシリーズには詰替えがありません。

 

botanistofficial.com

 

●シャンプーの成分 

水、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウラミドプロピルベタイン、ラウロイルサルコシンNa、ラウレス-4カルボン酸Na、ココイルグルタミン酸Na、デシルグルコシド、サボンソウ葉エキス、サピンヅストリホリアツス果実エキス、シラカバ樹液、サトザクラ花エキス、ボタンエキス、マグワ根皮エキス、ワサビノキ種子エキス、グリチルリチン酸2K、サトウキビエキス、セラミドNG、PEG-30フィトステロール、加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、コカミドMEA、リンゴ酸、ポリクオタニウム-10、エタノール、BG、DPG、セテアレス-60ミリスチルグリコール、PPG-4セテス-20、EDTA-2Na、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料

※シリコン・合成着色料フリー

 

●トリートメントの成分 

水、ジメチコン、セテアリルアルコール、グリセリン、ベヘントリモニウムクロリド、マカデミア種子油、オレイン酸オレイル、ビスセテアリルアモジメチコン、セラミドNG、PEG-30フィトステロール、シラカバ樹液、サトザクラ花エキス、ボタンエキス、マグワ根皮エキス、ワサビノキ種子エキス、ヒアルロン酸Na、アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl、加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、リンゴ酸、セタノール、BG、DPG、PPG-4セテス-20、イソアルキル(C10-40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート、ステアルトリモニウムクロリド、ベヘントリモニウムメトサルフェート、エタノール、イソプロパノール、アミノプロピルジメチコン、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料

※合成着色料フリー  

 

洗浄成分解析

シャンプーの成分で一番大事なのが洗浄成分だと思っています。

これは洗顔にもいえることですが「美容成分○○配合!」と謳っていても、刺激の強い洗浄成分で毎日洗っていたらやっぱり頭皮や肌はダメージを受けてしまいます。

一般的にオーガニックシャンプーを買い求める理由は、低刺激でやさしく髪を洗いたいからだと思います。

ですので、洗浄成分として何が入っているのかを必ず確認してから購入するのが大切です。

 

●コカミドプロピルベタイン

全成分表で水、グリセリンの次に表記されているのでもっとも配合量の多い洗浄成分となります。

ヤシ油脂肪酸と植物から抽出される天然由来成分のベタインを結合させてつくられる界面活性剤。アミノ酸系シャンプー・ベビーシャンプーにもよく配合されている低刺激でマイルドな洗浄剤です。 

 

●ココイルメチルタウリンNa

ヤシ油とタウリン誘導体で構成されるアミノ酸系界面活性剤。

キメ細かい泡立ちで、適度に脱脂力があります。シャンプー以外にも洗顔フォームにも配合されている安全性の高い成分。

 

●ラウロイルメチルアラニンNa

ヤシ油やパーム油から得られる高級脂肪酸のラウリン酸と、天然アミノ酸であるアラニンで構成されたアミノ酸系界面活性剤。

弱酸性で低刺激な洗浄成分で、適度な洗浄力・脱脂力があります。アミノ酸系の洗浄成分の中でも気泡性が高く、泡立ちにくさは感じません。

高級なシャンプーにも配合されている洗浄成分です。

 

●ラウラミドプロピルベタイン

ヤシ油やパーム油から得られる高級脂肪酸のラウリン酸から作られたベタイン系界面活性剤。低刺激で安全性の高い洗浄成分です。洗浄力は低いとされています。

 

●ラウロイルサルコシンNa

アミノ酸の一種であるサルコシンとラウリン酸との縮合物で、アミノ酸系界面活性剤。

化粧品に配合される場合は、すぐに洗い流せる石鹸やシャンプーなどの製品にしか認められていません。

泡立ちと洗浄力UPの補助として配合されることが多い成分。

 

●ラウレス-4カルボン酸Na

高級アルコール系界面活性剤。評判のよろしくないラウレス硫酸と名前が似ているが、硫酸ではありません。

弱酸性で低刺激な石鹸成分。脱脂力はやや強めとされています。

 

 

配合されている洗浄成分の種類は多いのですが、全成分表の順番からコカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルアラニンNaあたりがメインだと思われます。

 

「ボタニスト ボタニカルブルーム」はアミノ酸系界面活性剤主体のマイルドな洗浄成分です。

安いシャンプーによく配合されているラウレス硫酸、ラウリル硫酸、オレフィンスルホン酸など強い成分が入っていないので、ダメージヘアの人でも安心して使えると思います。

 

保湿・補修成分

シャンプーとトリートメント同時使用ということを前提に、どちらかに入っている成分を表記しています。

 

●マカデミア種子油、サピンヅストリホリアツス果実エキス、シラカバ樹液、サトザクラ花エキス、ボタンエキス、マグワ根皮エキス、ワサビノキ種子エキス

サトウザクラ花エキス以降は、ボタニカルブルームのシリーズ独自成分になります。

これらの種子や果実から抽出される植物由来のオイル・植物エキスは、天然のエモリエント剤・保湿・皮膚コンディショニング剤です。

 

植物成分は通常のボタニストに独自成分がプラスされている感じです。

ボタニカル度はこっちの方が高いと思います。むしろ通常のボタニストは、ボタニカルを前面に押し出すほど植物成分が多くないような気がします。

個人的には以前にレビューしたTHE PUBLIC ORGANIC(ザ パブリック オーガニック)の方が、ボタニカル且つオーガニックだと思います。

 

 ●ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)

植物由来で天然の脂肪酸と複数のアミノ酸を結合させたジェミニ型化合物といわれるものです。

高級シャンプー・トリートメントに入っている成分で、この価格帯の製品ではあまり見かけません。

スキンケア化粧品に配合される場合は、セラミドと同様の働きで皮膚バリア機能を改善するや、肌のキメや弾力を改善する効果があることが分かっています。

ヘアケア製品に配合される場合は、毛髪内部にすぐに浸透してダメージを補修してくれます。

 

f:id:mochi-mochi-kun:20190307194328j:plain

資料引用-旭化成株式会社

 

とにかく優秀な補修成分だと思ってください\(^O^)/

 

トリートメントはノンシリコンではない

トリートメントの方にはシリコーンオイルである「ジメチコン」が入っています。

「ジメチコン」は薄く均一の皮膜を形成して、なめらかな感触を髪に与えます。

皮膚への刺激はなく毒性もないことが分かっていますが、オーガニック好きな人にはあまり好まれていない成分です。

ノンシリコンなのはシャンプーだけなので、こだわりがある人はご注意ください。

 

ボタニスト ボタニカルブルームの口コミ・評判

2019年2月に発売されたばかりですので、まだ口コミはそれほど多くはありませんが、@cosmeではいくつか口コミが投稿されていました。

 

@cosmeでの評価

スムース:5.1点

モイスト:評価なし

ダメージケア:6.0点

 

高評価口コミ

・桜の良い香りがする。髪がつやつや・さらさらになった(スムース)

・甘くて春らしい香りが好み(スムース)

・トップがべたつくことなく、さらさらでしなやかな仕上がり(ダメージケア)

・髪がやわらかくなる(ダメージケア)

・カラーしている髪でもさらさらになって艶がでる(ダメージケア)

低評価口コミ

・パサついているわけではないが指通りが悪い(ダメージケア)

・ベリーの混ざったフルーティな桜の香りだけど強すぎる(ダメージケア)

 

全体的に香りが好評のようです。桜が好きならシャンプーとトリートメントをしながら香りを楽しめそうですね(^-^)

ところで私が購入したモイストはまだ口コミが投稿されていませんでした。人気ないの?(・ω・;)

 

モイストを実際に使ってみた評価・感想

f:id:mochi-mochi-kun:20190307134311j:plain
f:id:mochi-mochi-kun:20190307134307j:plain

ボタニカルブルーム モイストのシャンプーとトリートメントを実際に使用してみました。

 

以前にシャンプーをレビューしたときは真っ黒だった髪が明るくなっているので、今回はよりダメージケアやぱさつき対策にシビアな目で見ます(`・ω・´)

f:id:mochi-mochi-kun:20190307234629j:plain



 

シャンプー

f:id:mochi-mochi-kun:20190307134303j:plain

シャンプーは透明でちょっと水っぽいテクスチャです。 とろみはあまりないので、こぼれないように注意。

メンズのミディアムの長さだったら1.5プッシュくらいが適量かと。女性なら2プッシュは欲しいところです。

 

アミノ酸系のノンシリコンシャンプーですが、泡立ちは悪くありません。

メインのアミノ酸系洗浄成分の補助として入っている、ラウロイルサルコシンNaやラウレス-4カルボン酸Naの効果かなと思います。

ワックスがついていてもちゃんと落とせました。ヌルヌルもしないのでさっぱり流せます。

 

スムースとダメージケアは口コミで桜の香りが好評でしたが、モイストはあまり桜って感じがしないです。

洗っている最中に漂ってくるのはふんわりした香りっていうよりは、甘さとフルーツの酸っぱさも感じられるような……

 

f:id:mochi-mochi-kun:20190307205647j:plain

なんていうかカシス系のドリンクの香りです。

自然ではないけれど、私は好きです。

 

トリートメント

f:id:mochi-mochi-kun:20190307134259j:plain

トリートメントは2プッシュくらいが適量でしょうか。女性なら3プッシュ欲しいかな。

 

シャンプーよりトリートメントの方が香りが強く感じました。

こちらはブラックベリーということですが、ブラックベリー自体なじみがない私はロッテのブルーベリーガムを思い出しました。

f:id:mochi-mochi-kun:20190307233349j:plain

あと「チェリーブロッサム」と名のつくフレグランスはこんな感じかなーっていう気もします。

いずれにしろふんわりした桜ではないかも。

店頭のサンプルを嗅いだときは他の2種との違いはあまり分からかったのですが、モイストタイプは使ってみると大人のベリーっていう印象です。

ちょっと好みが分かれそうですね(・ω・)

 

洗い上がりと香りの持続は?

モイストだけあってしっとりします。

保湿力が低いシャンプーを使ったときに前髪がぱらぱらしてしまうのが一番嫌だったのですが、ボタニストを使うとまとまりやすくなります。

あまりウェット過ぎることもないし、トップがぺたんとするようなこともないので、ちょうど良い油分のバランスでトリートメントしてくれている感じです。

私は好きな使用感ですね( ˘ω˘ )

 

香りは結構残ります。夜にトリートメントしても朝まで香りが持続しているように感じます。

前髪やサイドが長い人なら、はっきりと香っていることが分かると思います。

 

おすすめ度:★★★★★★★★

成分も使用感も良い良質なシャンプー&トリートメントです。

1500円は市販のシャンプーの中では高い方かもしれませんが、490ml入っていて長持ちするのでコスパは悪くありません。

チェリーブロッサムとベリーの香りが好きな人、普段からボタニストを使っている人は買ってみて損はないはずですよ♪

 

まとめ

・スムース(さらさらタイプ)

シャンプー:サクラとピーチ

トリートメント:サクラとホワイトストロベリー

・モイスト(しっとりタイプ)

シャンプー:サクラとカシス

トリートメント:サクラとブラックベリー

・ダメージケア

シャンプー:サクラとチェリー

トリートメント:サクラとラズベリー

・洗浄成分はマイルドなアミノ酸系が主体

・ボタニカルブルーム独自の美容成分としてサトザクラ花エキス、ボタンエキス、マグワ根皮エキス、ワサビノキ種子エキスを配合

・ノンシリコンはシャンプーのみ

・香りが持続する

・モイストは洗い上がりしっとりでまとまりやすい

 

 

 

 

ヘアケア関連おすすめ記事 

www.mochi-mochi-kun.com

www.mochi-mochi-kun.com

www.mochi-mochi-kun.com