美容男子の実直☆コスメレビュー

2017年1月運営開始。管理人は162cm 50kgで年齢は1980年代生まれ(the GazettEのルキと同じ)。普通~やや混合肌。Web受験の化粧品検定3級に合格し、2級を目指す。制作会社勤務でメインは紙媒体のお仕事です。 詳しいプロフィールはaboutページをご覧ください。

『Veet 除毛クリーム』口コミレビュー 〜男のすね毛脱毛実践!

スポンサーリンク

美容ブロガーの桜餅です(ノ)・ω・(ヾ)

 

今では男でもすべすべのきれいな肌を目指すのが当たり前。

私がヒアルロン酸注射を受けに行った湘南美容クリニックでの2018年度メンズの脱毛施術実績はなんと223,376件だそうです。

私の身近にも髭や体の脱毛でエステやクリニックに通ったことのある友人が何名かいます。

 

「脱毛したいけど、お金がかかりそう」

そんなことを考えて躊躇する男性も多いと思います。

そこで便利なのが市販の除毛クリーム

 

除毛クリームはドラッグストアに置いてあって、安いものだと1000円程度で買うことができます。

本格的な脱毛に通うのは難しいけれど、剃刀より効果的に処理したい。

そんな人におすすめなアイテムなのです。

 

今回自分で使ってレビューするのは、市販の除毛クリームの中で最も有名であろう『Veet(ヴィート)』ブランドのメンズ向け製品『Veet Men』です。

女性用との違いや使い方、効果を検証していきたいと思います。

 

 

市販の除毛クリームの特徴

まずは除毛クリームについて説明します。

 

除毛クリームは毛を溶かす

有効成分のチオグリコール酸カルシウムは、毛を構成するたんぱく質であるケラチンを溶かす作用のあるアルカリ性の物質です。

つまり有効成分によって毛を溶かしてゴッソリ無くしてしまうという仕組みです。

また、除毛した毛は先端が丸くなるので、剃刀で剃ったときよりチクチクしないというメリットもあります。

 

今生えている毛を除去する効果

体毛は毛穴の深いところから生えているので、除毛クリームの効果があるのは肌表面に出ている毛のみです。

肌表面を除毛しただけでは毛根は生きているので、いずれまた毛が生えてきます。結果的には剃刀で剃るのと同じということになります。

 

ですから「脱毛」ではなく「除毛」クリームなのです。

完全に脱毛するならクリニックなどでレーザーを照射する脱毛を受ける必要があります。

 

医療脱毛専門のレジーナクリニック

 

皮膚刺激はある

チオグリコール酸カルシウムはたんぱく質を溶かすと説明しましたが、もっと正確に言えばケラチンの主成分であるシスチンを切断するという作用です。

ですので、適量さえ守っていれば皮膚へ影響は最小限となります。皮膚まで溶かすほど危険なものだったらお店で販売できませんよね><

ただしケラチンが主成分の爪には付着しないように注意が必要です。毛に比べて爪は丈夫なので、市販の除毛クリームで溶解するようなことはありませんが、傷んでしまいます。

また、安全性が高いといっても皮膚への刺激性がまったくないわけではありません、用法を守って使うことが大切です。

初めての使用であればパッチテストを行うことが推奨されます。

 

顔・デリケートゾーンには使える?

チオグリコール酸カルシウムは上記のように刺激性がありますので、顔やVIOラインには使用できません

メーカーが使用OKとしているのは足、腕、胸、脇、背中です。

腹毛の処理、お尻(臀部)なら大丈夫な範囲ですがデリケートゾーン付近はやめておきましょう。

 

Veet Men(ヴィートメン)の特徴

f:id:mochi-mochi-kun:20190319185633j:plain

内容量:150g+スポンジ付き

価格:税込987円(Amazon)

 

Veetは除毛用品世界No.1シェアを誇るフランスのブランド。現在60ヵ国で販売されています。

Veetの除毛クリームは多くのドラッグストアで販売されているので、見たことがない人の方が少ない製品かもしれません。

Veet Menは2018年に発売された同ブランド初のメンズ用除毛アイテムです。

 

女性用と男性用の違い  

●Veet 除毛クリーム(女性用)の成分

有効成分:チオグリコール酸
その他の成分:セテアリルアルコール、POEセトステアリルエーテル、流動パラフィン、POPステアリルエーテル、酢酸トコフェロール、VP・ヘキサデセン共重合体、PG、水酸化Ca、グルコン酸Na、ケイ酸Mg、尿素、無水ケイ酸、アロエエキス-2、pH調整剤、粘度調整剤、酸化Ti、香料

  

●Veet Men(男性用)の成分

有効成分:チオグリコール酸
その他の成分:尿素、セテアリルアルコール、水酸化K、POEセトステアリルエーテル、水酸化Ca、VP・ヘキデセン共重合体、POPステアリルエーテル、流動パラフィン、ケイ酸Mg、酸化Ti、PG、合成ケイ酸Na・Mg、アクリル酸アルキル共重合体エマルジョン-1、アロエエキス-2、グルコン酸Na、酢酸トコフェロール、香料

 

有効成分の配合量の記載がないので断言はできませんが、一般的に毛が太くて固い男性用の除毛クリームは、女性用よりも効果が強くなっています。

Veetの場合、女性向けのシリーズはフルーツの香りやローズの香りなどバリエーションが豊富で、製品によって保湿成分もグレープシードオイルやシアバターなどの違いがあります。

 

Veet Menの使い方 

f:id:mochi-mochi-kun:20190319191434p:plain

画像引用-Amazon

 

Veetシリーズは水をはじく成分が含まれているのでお風呂で使用出来るのが特徴です。

ただし、最初から毛が濡れていると浸透しにくくなるので、体が乾いた状態で使用します。

 

①クリームを塗る

除毛したい箇所に付属のスポンジでクリームを塗る。

クリームが足りないと除毛力が弱くなるので、ケチらずに毛が完全に隠れるくらいに塗ります。

②5分待つ

そのまま放置。除毛に必要な時間は毛の質によって個人差があります。

商品の注意事項には10分を超えないようにと記載されているので、あまり長い時間塗っておくと肌を傷めてしまう可能性があります。 

③洗い流す

付属のスポンジで毛を落としてからシャワーで流します。

 

この3つだけ。やることはとっても簡単です。

 

f:id:mochi-mochi-kun:20190317211502j:plain

 

Veet Men(ヴィート メン)の口コミ・評判

●Amazon:3.6pt(5点満点)

●@cosme:掲載なし

なぜか@cosmeではVeet Menが登録されていませんでした。男用だから?

高評価口コミ

「腕と足に使用。ツルツルになった」

「ヒリヒリしない。除毛剤特有の変なにおいがしない」

「体毛がやわらかくなるので、残った部位も剃りやすい」

「剛毛なすね毛をごっそり落とせた」

「多少ムラは出るがほぼきれいに処理できた」

「剃刀で剃ったときよりちくちくしない」

低評価口コミ

「肌がかぶれた。毛穴を中心に赤い湿疹ができるようになった」

「中途半端に脱毛されてほとんどの部分が縮れ毛になって逆に効率が悪かった」

「抜けるというよりはちぎれる感じ。除毛した部分も肌荒れがひどい」

「胸毛を除毛したら胸が真っ赤になった」

「すぐ生えてくるのでワックスの方が良い」

 

低評価のほとんどは肌への刺激性とダメージについてのマイナス評価でした。

ほとんどの人が一定の除毛効果は実感出来ているようです。

ただ、仕上がりにムラがあったり中途半端に毛が残ったりすることもあり、なかなか綺麗に除毛するのが難しいという意見も。

毛を構成するたんぱく質を破壊するようなものですので、完全に浸透していない、あるいは放置時間が足りないと微妙に毛が生存してしまうのかもしれませんね。

 

VIO・デリケートゾーンに使用した勇者の口コミ

「お尻周りとVラインは大丈夫だったが金●で死ぬかと思った」

「期待以上の効果。パ●パンになって気持ちいい!」

「鼠蹊部付近の陰毛がごっそり抜けた」

「Oゾーンがきれいになった」

「敏感な部分に触れても痛くならない」

「玉に塗ると沁みる」

「クリームは大丈夫だったが、付属のスポンジの粗い方でこすってしまったので痛くなった」

 

大丈夫だったという人もいましたが、かなり痛みを感じたという人も。

個人差があると思いますが、やはりデリケートゾーンは推奨されません。私も使いません(´-ω-`)

 

Veet Menを実際に使って除毛してみる。使い方と効果

f:id:mochi-mochi-kun:20190317211434j:plain

それでは私もVeet Menを試してみることにします。

除毛クリーム自体は昔別メーカーの製品を1〜2度使ったことがあるので、使い方のポイントはなんとなく理解しています。

 

before

f:id:mochi-mochi-kun:20190317211419j:plain

これはMAXではありあません。3週間前に剃刀で剃ってから伸びてきた状態です。

個人的にはこれ以上増えてくると邪魔になってくる量かなと(´-ω-`)

 

付属のスポンジでクリームを塗る

f:id:mochi-mochi-kun:20190317211549j:plain

スポンジのやわらかい方の面(黄色)にクリームを出してまんべんなく塗っていきます。

ここで大事なのが毛の根元までクリームを塗ること。先端だけ付着した場合、中途半端に残ってしまう可能性があります。

尚、クリーム自体に変なにおいはありません。よくあるボディクリームの香料のにおいです。

 

使用量

両足で容量150gの約半分くらいを使用しました。

除毛クリームはケチっても中途半端な効果にしかならないので、剛毛な人が全身に使うと一気になくなっちゃいそうですね。

値段が安いのでコスパが悪い訳ではありませんが。

 

放置時間は10分以内

5分だとちょっと不安だったので長めに放置時間を取ってみたところ、最初はなんともなかったのですが、だんだん足がかゆくなってきました><

私の場合は赤く腫れるようなことはありませんでしたが、敏感肌の人は長い時間置かない方が安全です。

初めて使うときはパッチテストを行った方が間違いないでしょう。

 

除毛中はにおいがする

時間を置くとだんだんパーマ剤やブリーチを使っているときのようなにおいがしてきます。

これは除毛剤によってケラチンが溶かされて発生するにおいです。

自宅で除毛する以上、避けては通れないので我慢するしかありません(´・ω・`)

 

シャワーでの洗い方

f:id:mochi-mochi-kun:20190320170730j:plain

一応、スポンジでゴシゴシ毛を落としていくのがデフォですが、固い方の面(白)は使わない方が良いです。

スポンジの目が粗くてかなり痛いです。除毛クリームよりこっちの方が確実に肌を傷めます。 

やわらかい方の面(黄色)で毛を絡めとるように落としていきましょう。

クリームが浸透した毛は内部から破壊されているので、縮れ毛になって弱々しく抜けていきます。

 

入浴のすすめ

一度洗うだけでは微妙に生存した毛を全て落としきるのは難しいです。

シャワーで洗ったあとに、お風呂で除毛した部分をやさしくマッサージしていると残った毛も抜けやすくなります。

ただし、これをやると湯船に大量の毛が散乱することになるので、一人暮らしの人推奨。家族がいるなら一番最後に入るのが吉。

 

after

f:id:mochi-mochi-kun:20190317211423j:plain

この通りだいぶツルツルになりました。

クリームが根元から毛を溶かしてくれるので、体感的には剃刀よりも深いところから毛を無くせていると思います。

今までより伸びてくる時期も遅くなりそうなので、あとは気になる箇所だけ剃ってケアすることにします。

 

使用中はちょっとかゆくなりましたが、赤くなったり肌が痛くなることもなかったので、トラブルもなし。

悪くない結果になりました。

 

あと美容ブロガー的には使用後は保湿のためにローションやクリームを塗っておくべきだと思います。

普段使っていない人でも、除毛クリームによるダメージで肌が荒れやすくなっているので、乾燥や皮膚のトラブルを防ぐためにも入念なケアをしましょう。

特にボディ用でなくても普通の化粧水で大丈夫です。グリチルリチン酸ジカリウムのような抗炎症成分が入っているものなら尚良し。

 

まとめ

・除毛クリームは有効成分の作用によって毛を溶かして除毛する。

・毛根は残るので完全に脱毛することはできない。

・顔やデリケートゾーンには使えない。

・皮膚への刺激性があるので、人によっては肌を傷めてしまう。初めての使用の際にはパッチテストを推奨。

・しっかり根元まで浸透させれば剃刀より深い部分から除毛できるので、つるつる状態が長続きしやすい。

・使用後はローションやクリームで肌をケアが必要。

 

おすすめ度:★★★★★★

 

人によって肌トラブルが起きる可能性もあるので注意。実際私も使用中にかゆくなりましたし。

あと付属のスポンジが固いし粗いのはおすすめできないかなと。

ドラッグストアで1000円程度で買えるので気軽に試せるのが一番のメリットでしょうか。

 

それではもう一度before/after

f:id:mochi-mochi-kun:20190317211423j:plain
f:id:mochi-mochi-kun:20190317211419j:plain

きれいに仕上がりました♪

 

 

 

 

今回はお手軽に除毛できる「Veet Men」を使ってみましたが、高級な除毛剤も気になります。

「THE LOGIC」は有効成分が市販品と同じ「チオグリコール酸カルシウム」ですが、浸透性を高めた処方をされているそうです。

一度効果の違いを試してみたい製品ではあります。